追悼

2018年8月 8日 (水)

辺野古移設反対のシンボル・翁長雄志/追悼(129)

膵の治療を続けていた沖縄県の翁長雄志知事が8日、沖縄県浦添市の病院で死去した。
67歳だった。
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に強く反対し、保革を超えて移設反対派の支持を得てきた。
移設反対運動のシンボル的存在だった。

先月には、前知事が下した移設の承認決定を取り消しており、移設問題がヤマ場を迎えている時期であり、さぞや無念だっただろうと察する。
1807282
東京新聞7月28日

翁長氏の死去に伴い、11月に予定されていた県知事選は、前倒し実施される。
果たして新知事は翁長氏の遺志を継ぐ側が就任するか、安倍政権側が就任するのか?
沖縄県民の意思が問われる。
それにしても心労が死期を早めたとすれば、そしてその可能性が大きいと考えるが、過酷なことだと思う。
沖縄の未来は「慰霊の日」に「平和の詩」を読み上げた相良倫子さんのような世代が、しっかりと築いていくと考える。
2018年7月23日 (月) 官僚の作文を棒読みするだけの安倍首相/ABEXIT(76)

次世代を信じて安らかにお眠りください。
合掌。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

シナリオ界の巨人・橋本忍/追悼(128)

黒澤明監督の「羅生門」や「七人の侍」など数多くの名作を手掛けた脚本家の橋本忍さんが19日、肺炎のため東京都世田谷区の自宅で死去した。
100歳だった。
1807212_3
東京新聞7月21日

昔、リサーチの仕事をやっていた頃、訴求力のある報告書を作成するため、シナリオ・ライティングの技法を学ぼうという話になった。
新井一『シナリオの基礎技術』ダビッド社(1968年)等を参考にしようとしたが、メンバーの歩調が合わず、長続きしなかった。
2

橋本さんのシナリオの技術研鑽の方法として、次のようなことが伝えられている。1807222
東京新聞「筆洗」7月22日

日本映画の黄金期を支えた脚本の巨人であり、私も思い出の作品がいくつかある。

Photo_5

 名作の数々を手がけた橋本さんは、骨格のしっかりした構成とスリリングなストーリー展開で知られた。「砂の器」(74年)に代表される回想形式で時間軸を巧みに交錯させる手法は圧巻。小説を映画化する際、原作にとらわれない構成の妙は、まさに“脚本の巨人”として他の追随を許さなかった。
 黒澤明監督との出会いが、脚本家人生の礎となった。初めて脚本化に取り組んだ芥川龍之介の短編「藪の中」を目にした黒澤監督が気に入り、映画化が浮上した。だが「(脚本が)ちょっと短いんだよな」と言われ、とっさに思いついて「羅生門」を入れ込み改稿。満足いかない出来だったところ、黒澤監督が手を入れた脚本に驚かされたという。橋本さんのひらめきを黒澤監督は見事に脚本に反映させていた。以降、黒澤監督の鋭い洞察で磨かれた橋本さんは「世クロサワ」を“黒子”として支えた。
 脚本だけでなく、マルチな才能の持ち主だった。無類の競輪好きとしても知られ、勝負事に強く、実業家としても頭角を現した。独立プロダクションを設立し、それまで“量産主義的”だった日本映画に、脚本重視の流れを生みだした。師である伊丹万作監督の教え通り「字を書く職人」に徹し「良い脚本から悪い映画ができることはあるが、悪い脚本から良い映画はできない」が信条だった。

平成が終わるのと同期するように、昭和の巨人たちが亡くなっていく。
当然ではあるが、やはり寂しいものだ。
合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

劇団四季という在野・浅利慶太/追悼(127)

劇団四季の元代表で、「キャッツ」「ライオンキング」のミュージカルを手掛けた演出家の浅利慶太さんが13日、悪性リンパ腫のため都内の病院で亡くなった。
85歳だった。
東京新聞のコラム「筆洗」(7月19日)は次のように書いている。

「モトシキ」という専門用語が演劇界にはある。ロシア語のようだが、日本語である。せりふが明瞭で鍛えられた俳優のことをそう呼ぶ▼「元四季」。劇団四季の出身者のことである。それほどその劇団の訓練は厳しい。「観客に聞き取れないセリフを話している俳優は舞台に上がってはならない」。そう語っていた、日本の演劇と興行を変革した演劇人が亡くなった。劇団四季の元代表で演出家の浅利慶太さん。

1807192
東京新聞7月19日

 人脈の広さの原点は61年、開場を控えた日生劇場の役員に就任したことだった。28歳だった浅利さんは「ウエスト・サイド物語」の来日公演を企画したが、当時は外貨事情が悪く、政府の許可なくては外貨を使えなかった。そのため、浅利さんは大蔵大臣に直談判。じっくり話を聞いた大臣は「わがままはこれ限りにして」と言いながらも、関係部署に電話。「こういう質の高い作品を招くのは、意義のあること。希望に沿うようにしてあげてください」と指示した。故田中角栄元首相との出会いだった。
 58年に親友の石原慎太郎氏と安保反対の「若い日本の会」で活動。75年に石原氏が都知事選に出馬した時は選挙参謀を務め、さらに佐藤栄作元首相や中曽根元首相のブレーンになるなど、政財界に人脈を広げた。72年の佐藤元首相の退陣会見で「新聞記者は出て行け」と発言した時も、浅利さんが「1度だけテレビを通じて国民に語りかけられてはどうか」と進言したことが発端だった。83年にレーガン米大統領が来日した際、中曽根元首相との日の出山荘会談を演出した。

「石原慎太郎氏と安保反対の「若い日本の会」で活動」というのは時代の相として、若者は権力と対峙すべしという暗黙の了解があったのだろう。
石原慎太郎は老害とも言うべき存在になった。
2014年3月 9日 (日) 石原慎太郎の耄碌/人間の理解(3)

「今は昔」のこととしか言いようがないが、石原慎太郎も文学者だったのである。
2010年9月 9日 (木) 江藤淳の『石原慎太郎論』
そして、あえて言えば、私は文学者としての石原慎太郎は嫌いではなかった。
浅利慶太さんは、権力に近くはあっても在野であることの矜持は失わなかったと思う。
合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

脳梗塞後遺症との闘い・西城秀樹/追悼(126)

昭和の歌謡史を情熱的な歌唱と激しいアクションで彩った歌手西城秀樹(本名・木本竜雄)さんが16日に死去した。
広島県出身で、63歳だった。
2度の脳梗塞に倒れ、懸命なリハビリを続けながら、最期まで「生涯歌手」にこだわった人生だった。

中国新聞は次のような号外を発行している。Photo_4

「絶唱型」と呼ばれた歌唱スタイルと、ダイナミックなステージだけでなく、ハウス食品「バーモントカレー」のCMでは「ヒデキ、感激!」などのキャッチコピーがお茶の間の人気になった。
さまざまな仕掛けの先駆でもあった。
1805192
東京新聞5月19日

伊豆の河津町に、豊かな湯量で知られる峰温泉がある。
そこの喫茶店のカレーが好きだったという。1805182
東京新聞5月18日

48歳の時に最初の脳梗塞を発症し、8年後のに再発した。
右半身のまひと、会話をする際の言葉に障害が残ったが、「病気のおかげで多くのことに気付くことができた」と語っていた。
ほぼ同じ後遺症の私にとっては先達とも言えた。
苦しいリハビリももうしなくても良い。
ゆっくり休まれんことを。
合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

ジャーナリストが受けた圧力・岸井成格/追悼(125)

毎日新聞元主筆でジャーナリストの岸井成格氏が、15日に肺腺がんで死去した。73歳だった。

Ws000000

 東京生まれ。1967年慶応大法学部卒。同年毎日新聞社入社。ワシントン特派員、政治部長、論説委員長、主筆などを歴任した。
 コメンテーターとして、TBS日曜朝の情報番組「サンデーモーニング」などテレビやラジオなどに数多く出演。2013年から16年までTBSの夜のニュース番組「NEWS23」では、ニュースを分析し、掘り下げて伝えるアンカーを務めた。分かりやすい解説と歯に衣(きぬ)着せぬ発言で定評があり、14年には優れたテレビ作品などに贈られる「橋田賞」を報道番組の解説者として受賞した。16年にはTBSと専属契約を結んで「スペシャルコメンテーター」に就任した。
 著書に「大転換 瓦解へのシナリオ」「議員の品格」、主な共著に「政変」「政治家とカネ」などがある。
訃報 毎日新聞社特別編集委員 岸井成格さん73歳

岸井氏はニュース番組のアンカーとして、安倍政権を毅然と批判していた。

そして、『報道ステーション』(テレビ朝日)の古舘伊知郎や『クローズアップ現代』(NHK)の国谷裕子がキャスターを降板したのと同じ2016年3月をもって、岸井氏は膳場貴子キャスターとともに降板した。
 この一連の降板劇の背景にあったのは、言うまでもなく安倍政権からの圧力だった。メディアに睨みをきかせ、不都合な報道をおこなう番組には圧力をかける──これは安倍政権の常套だが、じつは官邸は、番組スタート時から、岸井氏に接近していた。
 2016年6 月に発売された、慶應義塾大学の法哲学ゼミで同期だったという佐高信との共著『偽りの保守・安倍晋三の正体』(講談社)で、岸井氏はこう語っている。
「「NEWS23」を始めてすぐの頃だと思う。安倍首相から官邸に来てくれと言われて、その時、菅とも顔を合わせた。安倍から「その節はお世話になりました」と挨拶されたんだけど、後で首相番連中が言うには、「岸井さん、あれはまずかった。どっちが総理かわからないですよ」と。私の態度がでかすぎたらしい(笑)」
 安倍首相が口にした「その節はお世話になりました」という言葉の意味は、岸井氏が晋三の父・安倍晋太郎の担当をしていたときのことを指しているらしい。岸井氏は「私は安倍のおやじさんの晋太郎には非常に可愛がってもらって、ある意味で逆指名的に私が彼を担当しているようなところがあった」と語っているが、外遊の同行では晋太郎の秘書を務めていた晋三と一緒だったという。
 だが、岸井氏は安倍首相の政策にはっきりと異を唱えた。
 なかでも2013年11月に特定秘密保護法案に反対する集会で呼びかけ人のひとりとなり、番組でも同法案を批判的に取り上げた。父・晋太郎との関係も深い「保守派」の人物だと認識していた安倍官邸は、この岸井氏の姿勢に激怒していたともいわれている。2014年12月には、安倍首相が『NEWS23』に生出演した際、街頭インタビューのVTRに「厳しい意見を意図的に選んでいる」と難癖をつけ、その後、自民党が在京テレビキー局に「報道圧力」文書を送りつけるという問題も起きた。
 こうしたなかで、岸井氏にはこんな出来事があった。岸井氏は企業の幹部に話をするという勉強会を長くつづけていたのだが、その場に菅義偉官房長官が突然、やってきたというのだ。
「(菅官房長官は)黙って来た。誰かから聞いて知ったんだろう。最初から最後までいたよ。終わると「今日はいい話を聞かせていただいて、ありがとうございました」と言って帰っていった。怖いよな」
「「どこで何を話しているか、全部知っていますよ」ということを見せているわけだ。「人脈も把握しています。岸井さんが動いているところにはいつでも入っていけますよ」というメッセージかもしれない」(前出『偽りの保守・安倍晋三の正体』より)
岸井成格が安倍官邸から受け続けた圧力の数々!安倍応援団による卑劣な「意見広告」攻撃の末、『NEWS23』降板に

官邸のメディア介入はすさまじい。
NHKの森友問題を追及していた記者が窓際に配置転換されるという。
 
 森友問題を最初に指摘した木村真豊中市議が15日、フェイスブックに〈大阪NHKの担当記者さんが、近く記者職から外されるということです!〉〈NHKが「忖度」したということなのか〉と投稿し、物議を醸している。
 これを受け、日刊ゲンダイが調べたところ、木村氏が言及したA記者は現在、大阪放送局の報道部の副部長だが、来月8日付で記者職を離れ、番組チェックなどを行う「考査室」へ異動する内々示が出されたという。
「考査室は、定年間際の社員が行くような部署で、悪くいえば“窓際”。A記者は昨年、森友問題が発覚した後、いち早く籠池前理事長のインタビューを行い『籠池に最も近い記者』とメディア関係者の間で一目置かれていました。今年4月4日の『財務省が森友学園側に口裏合わせ求めた疑い』をスクープしたのもA記者。文書改ざん問題など、検察の捜査が進んでいて、真相究明はまさにこれからというタイミングだけに、A記者も上層部に記者職を継続したいと伝えていた。なのに“考査室”ですからね」(NHK関係者)

そこまでやるか、という感じであるが、すべてのジャーナリストに圧力をかけられるものでもなく、信念を貫く人もいるはずだ。
結局は自分の首を絞めていることになろう。
ストレスがガンを誘発した可能性も否定できないが、安らかに眠りに就かれんことを。
合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

技術研究者から絵本作家へ・加古里子/追悼(124)

絵本作家の加古里子さんが5月2日亡くなった。
「だるまちゃん」シリーズ、「からす」シリーズ、『地球』『地下鉄のできるまで』をはじめとした科学絵本、『こどものとうひょう おとなのせんきょ』などの民主主義をテーマにした絵本などが代表作。
子どもたちの知的好奇心を刺激する多様な絵本を残した。

Photo_6
5月2日に92歳で亡くなった福井県越前市出身の絵本作家、加古里子さんが武生(現越前市)で暮らした時期は7歳までと短かったが、古里に対する愛情は周囲が驚くほど深かった。近年は越前市のまちづくりにも協力を惜しまず、昨年8月には加古さん監修の「だるまちゃん広場」が武生中央公園にオープン。連日多くの子どもたちが絵本の世界観の中で、遊びながら加古さんが願った「生きる力」を育んでいる。
 「ふるさとはどこかとたずねられたら、もちろん、武生だと答えます」
 自叙伝的作品「未来のだるまちゃんへ」(文藝春秋)に古里への思いをつづった。2011年の越前市文化功労者表彰時に市から提案を受け開館した「かこさとしふるさと絵本館」のコンセプトを屋外に広げる形で、「だるまちゃん広場」の監修に力を注いだ。
 市の広場計画案に対し、加古さんが返した手書きの書面には自然科学の知識を生かしたアドバイスがびっしり。広場を見渡す市文化センターの壁には、加古さんが描き下ろした原画を基にした壁画「越前山歌(さんか)」(縦5メートル、横34メートル)が掲げられ、日野山、村国山に向かって歩くおなじみのキャラクターが子どもたちを見守っている。
 絵本館の谷出千代子館長(73)は15年に加古さん宅を訪れた際、武生の学びやや日野川での思い出を「懐かしいなあ」と目を細めていたことが忘れられない。「子どもたちが自ら考え、発見し、行動に移す大切さを絵本に託した先生の足跡を、越前市や福井県、日本、世界の子どもに伝えたい」と力を込めた。
 0歳の長女と7日に同館を訪れた近くの女性(35)は「温かみのある加古さんの絵本が子どものころから好きで、新作が出るのが楽しみだった。高齢だけどお元気と聞いていたのに」と驚いた様子だった。
加古里子さん「ふるさとは武生」

加古氏は『こどものとうひょう おとなのせんきょ』という絵本で、民主主義の誤解について書いている。
選挙で選ばれた為政者が、少数派の意見をいっさい聞き入れず強権的な態度で議論を封殺することが、「多数決」のお題目のもとで強行的に行われるのは、本当の民主主義ではない。
まさに、特定秘密保護法、安保法制、共謀罪など、安倍政権のもとで幾度も繰り返されてきたことである。

今朝の東京新聞のコラム「筆洗」は、追悼文である。
1805092

「自由な発想の多様性とそれを認め合う寛容さ」は、今の政権に欠けているものである。
加古さんが、「安倍政権は大本営の参謀の戦後版」と痛罵したのも尤もと言えよう。

1926年3月31日生まれ。
東京大学工学部応用化学科を卒業し、昭和電工に入社。
研究所勤務と並行して、セツルメントなど地域活動を行い、47歳で退職して絵本専業となった。
野坂昭如、大橋巨泉、菅原文太、金子兜太のなどの戦中派の多くが鬼籍に入りつつあり、戦争をリアルに知らない世代が、過ちを繰り返そうとしている。
敗戦直後の初心を忘れてはならない。
合掌。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

赤ヘル黄金時代の鉄人・衣笠祥雄/追悼(123)

衣笠祥雄さんが亡くなった。
頑健な身体で連続試合出場を続け、国民栄誉賞を受賞したが、それでも病魔は別であったのだろう。
1804252
東京新聞4月25日

衣笠さんの出場記録は、私などの世代は「働き方」の美学でもあった。
少々の風邪や私用などでは休まないで仕事に出かけた。
それが良いことだとは言わない。
まして他人に強制すべきではないだろう。
プロ野球でも健康管理意識が浸透して、ピッチャーでも先発‐中継ぎ‐クローザーなどの分化が進んで、投手生命の長期化に貢献している。
かつての稲尾和久投手や杉下茂投手のような活躍を期待するのは間違いであろう。
1804252_2
同上

衣笠さんが活躍したのは、広島カープが赤ヘル旋風を巻き起こした時期である。
僚友山本浩二さんらと黄金時代を築いた。
中国新聞のラテ欄は「さようなら鉄人▽受け継がれる忍耐!白星を天に捧ぐ」と縦書きしてファンを泣かせた。
Photo
「さようなら鉄人…」衣笠祥雄さんの死去で新聞の縦読みが話題

次のようなエピソードが紹介されていて、思わず頬が緩んだ。
Photo_2

好漢という言葉が相応しい人だったように思う。
合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

かぐや姫の物語・高畑勲/追悼(122)

「火垂るの墓」「アルプスの少女ハイジ」などアニメの名作で親しまれた高畑勲監督が、5日に82歳で死去した。
私は余りアニメを見ることはないが、『かぐや姫の物語』は、素材に興味があって足を運んだ。
Ws000001
【高畑勲監督死去】「かぐや姫の物語」「アルプスの少女ハイジ」…映像表現に強いこだわり
『竹取物語』は日本人ならば、誰でも知っているだろう。
『源氏物語』に「物語の出で来はじめの祖なる竹取の翁」とあるように、日本最古の物語といわれる。
9世紀後半から10世紀前半頃に成立したとされるが、成立年、作者共に不詳であり、謎の多い物語だ。
私は昔『竹取物語』の作者を知りたいと思ったことがある。

作者の候補として名前が挙げられているのは、源順(三十六歌仙の一人)、源融(嵯峨天皇の皇子で臣籍に下った)、僧正遍昭(六歌仙の一人)、紀貫之(三十六歌仙の一人、『古今和歌集』の編纂者の一人)、紀長谷雄(漢学者で大学頭)などで、いずれも仏典・漢書・和歌などに造型が深いが、誰かに特定できるだけの根拠がない。梅澤恵美子さんは、『竹取物語と中将姫伝説 』の中で、紀貫之や紀長谷雄などの紀氏説を推している。

『竹取物語』に登場する5人の貴人の中で、特に悪意をもって描かれている感じがするのは、不比等がモデルとされる車持皇子だろう。
車持皇子は、「心にたばかりある人にて」と書かれている。
<たばかり>というのは、「相手に誘いかけて自分の思うようにさせる。また、だまし欺く。ごまかす」の意味であり、要するに、卑劣でずるがしこい人物ということである。

こういう書き方から、作者は、藤原氏と対立し、政界を追われた大伴、石川、阿倍、石上、多治比、紀、巨勢のいずれかではないか、とする推測が生まれる。
2007年9月20日 (木) 『竹取物語』の作者は誰か?
2007年9月19日 (水) 5人の貴人のモデル
2007年9月21日 (金) 帝とかぐや姫のモデル
2007年9月22日 (土) 倭国のラストプリンセス?

まあ、史実と照合してあれこれ推理するのは、邪馬台国論争に共通する楽しみではある。
『かぐや姫の物語』は、製作に8年、製作費約50億円を投入したという。
高畑さんは公開時、「これを作ることでアニメーションはひとつ先に進めた気がする」と手応えを語っていた。
実写では描けない世界があることを示した作品と言えよう。
合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

浅見光彦シリーズ・内田康夫/追悼(121)

浅見光彦シリーズの推理作家・内田康夫さんが13日午前、敗血症のため東京都内で死去した。
何といっても「浅見光彦」というキャラクターを創造したことが推理作家としてのキー・サクセス・ファクターであろう。
初登場は1982年の『後鳥羽伝説殺人事件』で、プロフィールは以下のようである。
名家の次男坊で、ブルゾン姿でトヨタ・ソアラを乗り回すという「清潔かつスタイリッシュにしてフランク」が特徴。これは「変わり者でアナーキーかつ不潔」(金田一耕助など)や「背広姿でピシッとキマりすぎている社会人として完全無欠なインテリジェンス」(明智小五郎)といった従来の日本の探偵像と一線を画して人気を得る。また、「長身かつ甘いマスクの33歳で独身貴族」といった設定が女性層の人気をつかみ、彼の登場する浅見シリーズはレディースコミックなどにおいて漫画化されているものも多数見受けられる。
内田の執筆作の中でも浅見光彦シリーズは群を抜いて数多く書かれており、名実共に内田康夫作品を代表する名探偵である。軽井沢(内田康夫の居住地)には浅見のファンクラブとクラブハウスが存在しており「浅見光彦倶楽部」と称する。ファンクラブ事務局の住所は長野県北佐久郡軽井沢町長倉504。また、シャーロック・ホームズシリーズにおけるシャーロキアンのように、浅見光彦の研究を行っているファンをアサミストと称する事がある。
浅見光彦

浅見光彦シリーズは、TVドラマや映画になっているので、国広富之、篠田三郎、水谷豊、榎孝明、辰巳琢郎等の俳優が演じている。
いずれも爽やかさをウリにしている俳優である。

Photo 内田さんは毎日新聞に「孤道」を連載中だった2015年7月に脳梗塞で倒れ、リハビリに励んでいた。昨年3月に「書き続けることが難しくなった」として休筆宣言。同作は浅見シリーズ114作目で、未完のまま出版。完結編を公募し、その締め切りが来月末に迫る中で旅立った。
 榎木は「1カ月くらい前にお見舞いに行った際は、私のことを分かってくれていました」と明かし、「まだ大丈夫だと思っていたんですが…」。家族ぐるみで交流が深かっただけにショックが隠せなかった。
 フジテレビ版のドラマや映画「天河伝説殺人事件」(91年)で浅見を演じ、内田さんから「もっとも浅見のイメージに近い」と絶賛されていた。鮮明に思い出されるのは内田さんと初めて会った30代の頃。顔を合わせるなり「あっ、浅見光彦がいた」と声を掛けられ、「自分にそっくりだよ」と大喜び。榎木は「年をとったら(あなたも)こんな顔になるんだ」と言われた。
榎木孝明ショック…浅見光彦シリーズの作家・内田康夫さん死去 

上記のように、内田さんは榎木さんが浅見のイメージに最も近いと考えていたようである。
「新作を書くたび、榎木くんの顔が浮かんで邪魔をする」と言っていたほどだ。
私は熱心な読者ではないが、それでも『中央構造帯』角川文庫(2011年9月)等の何作かは読んでいる。
⇒2014年5月 8日 (木) 金融機関の役割と矜持/ブランド・企業論(24)
⇒2015年1月24日 (土) 将門塚の祟り?/やまとの謎(98)

著書ではなく、榎木孝明さんの絵の展覧会を見に行ったことがある。
武蔵野美大へ入学するほどだったが、芝居に夢中になって中退して劇団四季の研究生になった。
懐かしいような水彩に風景画で、確かに浅見光彦のイメージに重なるような気がした。
新作を読めないのは残念だが、私の持ち時間にとっては十分な量のシリーズである。
合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

「はじまり」の謎・ホーキング博士/追悼(120)

「宇宙のはじまり」について、大きな業績を上げたスティーヴン・ウィリアム・ホーキング博士が亡くなった。
Photo_3
追悼:ホーキング博士、その賭けと発言を振り返る

1942年1月8日に生まれ、2018年3月14日が命日である。
3月14日は、円周率の日であり、数学の日である。
と考えれば、ホーキング博士の命日に相応しい日のように思う。
そして奇しくも、1879年のこの日、アルベルト・アインシュタインが生まれている。
アインシュタインの業績は多岐にわたるが、最も有名なものは一般相対性理論であろう。
1916年に発表され、重力によって光が曲げられることを予言した。
一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させたのがホーキング博士である。
1963年にブラックホールのブラックホールの特異点定理を発表し、1971年には「宇宙創成直後に小さなブラックホールが多数発生する」とする理論を提唱した。
1974年には「ブラックホールは素粒子を放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論(ホーキング放射)を発表して、量子宇宙論という分野を形作ることになった。

もちろん、私に解説する知見はないが、宇宙の起源というテーマにワクワク感を覚える。
人の一生ははかない。
私も、最近は「来し方行く末」を考えるようになった。
個体としての私は、あと何年生きられるか分からない。
確かなことは、いつかは死ぬということだ。

個体としての生死を繰り返しながら、類・種として継続する。
それが生命体のしくみであるが、ダーウィンの『種の起源』が物語るように、新しい種が誕生した結果、地球上には多種多様な生命体が存在する。
新しい種、言い換えれば「質」は、いつ、どのように誕生するか?
池内了『「はじまり」を探る』東京大学出版会(2014年10月)は、「宇宙、生命、人類、言語、複雑性、…」の「はじまり」を、各分野のエキスパートが解説した書である。Photo
現代宇宙論に多大な影響を与えた人物である。

ホーキング博士は、「車椅子の物理学者」としても知られた。
学生のころに筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症したと言われる。
ALSは発症から5年程度で死に至る病であると考えられていたが、ホーキング博士は発症から50年以上にわたり研究活動を続けた。
晩年は重度障害者用意思伝達装置を使っており、その姿は良く知られていた。
身障者にとっては希望を与えてくれた存在だった。
合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧