日記・コラム・つぶやき

2018年7月20日 (金)

劇団四季という在野・浅利慶太/追悼(127)

劇団四季の元代表で、「キャッツ」「ライオンキング」のミュージカルを手掛けた演出家の浅利慶太さんが13日、悪性リンパ腫のため都内の病院で亡くなった。
85歳だった。
東京新聞のコラム「筆洗」(7月19日)は次のように書いている。

「モトシキ」という専門用語が演劇界にはある。ロシア語のようだが、日本語である。せりふが明瞭で鍛えられた俳優のことをそう呼ぶ▼「元四季」。劇団四季の出身者のことである。それほどその劇団の訓練は厳しい。「観客に聞き取れないセリフを話している俳優は舞台に上がってはならない」。そう語っていた、日本の演劇と興行を変革した演劇人が亡くなった。劇団四季の元代表で演出家の浅利慶太さん。

1807192
東京新聞7月19日

 人脈の広さの原点は61年、開場を控えた日生劇場の役員に就任したことだった。28歳だった浅利さんは「ウエスト・サイド物語」の来日公演を企画したが、当時は外貨事情が悪く、政府の許可なくては外貨を使えなかった。そのため、浅利さんは大蔵大臣に直談判。じっくり話を聞いた大臣は「わがままはこれ限りにして」と言いながらも、関係部署に電話。「こういう質の高い作品を招くのは、意義のあること。希望に沿うようにしてあげてください」と指示した。故田中角栄元首相との出会いだった。
 58年に親友の石原慎太郎氏と安保反対の「若い日本の会」で活動。75年に石原氏が都知事選に出馬した時は選挙参謀を務め、さらに佐藤栄作元首相や中曽根元首相のブレーンになるなど、政財界に人脈を広げた。72年の佐藤元首相の退陣会見で「新聞記者は出て行け」と発言した時も、浅利さんが「1度だけテレビを通じて国民に語りかけられてはどうか」と進言したことが発端だった。83年にレーガン米大統領が来日した際、中曽根元首相との日の出山荘会談を演出した。

「石原慎太郎氏と安保反対の「若い日本の会」で活動」というのは時代の相として、若者は権力と対峙すべしという暗黙の了解があったのだろう。
石原慎太郎は老害とも言うべき存在になった。
2014年3月 9日 (日) 石原慎太郎の耄碌/人間の理解(3)

「今は昔」のこととしか言いようがないが、石原慎太郎も文学者だったのである。
2010年9月 9日 (木) 江藤淳の『石原慎太郎論』
そして、あえて言えば、私は文学者としての石原慎太郎は嫌いではなかった。
浅利慶太さんは、権力に近くはあっても在野であることの矜持は失わなかったと思う。
合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

世界のリーダーの誇りを捨てたトランプ大統領/世界史の動向(62)

先進国の間の対立が鮮明になったG7。
それを象徴するような写真が話題になっている。

Ws000000
 世界に最も拡散されたのは、ドイツ政府が配信した写真だろう。9日午前、メルケル独首相がトランプ米大統領を説得する姿が写る。安倍晋三首相の同行筋によると、この場で話したのはイラン問題だった。
 トランプ氏は首脳宣言にイランが「テロ支援国家」であると明記するよう求めた。しかしメルケル氏は認められないと説いた。イランとの良い関係を保ちたい首相も困った様子だ。最後は「イランが支援するものを含む、全てのテロリズムへの財政的支援を非難する」との表現で折り合った。
 日本政府が首相官邸のフェイスブックに載せた写真は、安倍首相が米欧の橋渡し役を果たす構図だ。首相周辺はプラスチックごみを話した場面だと解説する。
漂流G7 ネット戦の裏側

G7の分裂の構図は次のようである。
G71806102
東京新聞6月10日

「公正」とは何かが問われるが、「アメリカ・ファースト」に拘るトランプ大統領が「公正」を主張するのは疑問である。
日本は基本的に自由貿易立国のはずである。
トランプ追従で「自由と公正」と立派な言葉ではあるが、具体的にどうするかが曖昧な立場の安倍首相の姿勢が際立つ。

政府が説明する「プラスチックごみ」について、安倍首相は何をどう話したのか?
Photo

海のプラスティックゴミ問題は深刻である。

 世界の海はプラスチックのごみに満ち、生態系の乱れを加速させている。事態は深刻なのである。
 国連環境計画(UNEP)が五日公表した報告書によると、世界のプラスチックの廃棄量は年々増え続け、二〇一五年には三億トンに達している。このうち約半分を、レジ袋やペットボトルといった使い捨て製品が占めている。
 使い捨てプラ製品の廃棄量は中国が最も多い。しかし一人当たりでは米国が世界一、次いで日本、欧州連合(EU)の順である。
 海を漂うプラごみは、紫外線や波の力で分解されて微小な粒子に変わる。直径五ミリ以下のものをマイクロプラスチックと呼び、洗顔料や歯磨き粉などに含まれるもの(マイクロビーズ)もある。
 これらはポリ塩化ビフェニール(PCB)のような有害物質を吸着する性質があり、のみ込んだ魚を食べた人間への影響も懸念されている。今や廃プラ問題は、温暖化に次ぐ国際環境問題になったと言われており、危機感を抱いた欧米やアフリカなどは、使い捨てプラの規制強化を進めている。
 EUは先月末、ファストフード店で使われるスプーンや皿、ストローなど、使い捨てプラ食器を禁止するよう、加盟国に提案した。
 米国は一五年、マイクロビーズの配合の禁止を決めた。フランスは二〇年から、使い捨てプラ容器を禁止する。
 日本では例えばレジ袋の削減は、企業や自治体の自主的な取り組み任せ。政府としては「プラスチック資源循環戦略」の策定は進めるものの、今のところ、国として使い捨て製品の流通規制にまでは踏み込むつもりがなさそうだ。
 プラごみを作り、捨てるのは人だけだ。人の仕業は必ず人に環(かえ)るというのも温暖化と同じである。海洋国、そして廃プラ大国日本は、ここでも世界の大きな流れに取り残されていくのだろうか。
海のプラごみ 誰がクジラを殺すのか

安倍首相がこの問題で「米欧の橋渡し役を果たす」とは、とても思えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

目黒幼児虐待死に見る社会の縮図/ABEXIT(51)

なんともやり切れない、胸が押し潰されるような事件である。
東京都目黒区で3月、船戸結愛ちゃん(5)が死亡し、虐待の疑いで、父・ 雄大容疑者(33)と母・ 優里容疑者(25)が警視庁に逮捕された。
ノートに遺されていた結愛ちゃんの言葉が悲しい。
1806072
東京新聞6月7日

結愛ちゃんは、2018年1月に東京に来るまで、一家で香川県善通寺市に住んでいた。
香川県西部子ども相談センター(児童相談所)が、初めて虐待の疑いを認知したのは、2016年の夏だった。
8月25日、近所の人が「子どもの泣き声がひどい」と児相に通報したからである。

優里容疑者は、19歳で結愛ちゃんを妊娠したとき、「若年妊婦」として善通寺市の保健師がケアしていた。
児相は市の保健師に問い合わせたが、出産当時の記録では、虐待をする兆候や育児に困っているような相談歴もなかった。
また、児相は結愛ちゃんが通う幼稚園に問い合わせたが、園の回答は「特に問題はない」だった。
家を訪ねたが不在であり、児相は保護ではなく「簡易相談事案」として様子を見ることにした。

その後の調べで、自宅には「いきがきれるまでうんどうする」などといった20項目近くのルールが書かれた段ボールがあった。Ws000000
5歳女児虐待死、部屋から生活ルール書かれた紙 

警視庁は多くの厳しいルールを女の子に課し、守れなかった場合に虐待していたとみて調べている。
船戸容疑者は、「勉強を先にやれと言ったのに、寝ていたので暴行した」と供述しているというが、容疑者たちが「勉強を先にやる」タイプとは思えないし、5歳児に「勉強を強いる」のも理解できない。
要するに「弱いものイジメ」そのものであるが、「モリカケ」「日大」「無差別通り魔事件」など、皆同じ構造である。
病んだ社会である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

新幹線通り魔殺人事件と不条理の模倣/戦後史断章(29)

9日22時前、神奈川県内を走行中の東京発新大阪行きの東海道新幹線「のぞみ265号」で無差別殺人事件が発生した。
車内は、突然の凶行に逃げ惑う乗客でパニックになったが、新幹線は小田原駅で緊急停車。車内アナウンスで警察が容疑者の男を確保したことが伝えられた。1806122
東京新聞6月12日

駆けつけた県警小田原署の署員が、切りつけたとみられる男を現行犯逮捕し、刺された3人は小田原市内の病院に運ばれた。
男性1人が首の右側を切られて死亡し、20代とみられる女性2人が頭や肩に重傷を負った。

新幹線の車内では逃げようもない。
遭遇した乗客の恐怖はいかばかりだったか。
逮捕されたのは愛知県岡崎市蓑川町に住む、自称・小島一朗容疑者(22歳)だが、本名かどうかは不明である。
小島容疑者は、斧で殺害した動機を警察で聞かれ「むしゃくしゃしてやった」「誰でもよかった」と話しているという。
しかも殺害をしようと計画して東海道新幹線に乗ったとされており、無差別殺人をするのが目的だったことも判明している。

私は10年前の秋葉原無差別査証事件の「模倣犯:コピーキャット」のような気がする。
2018年6月 8日 (金) アキバ通り魔事件と働き方の問題/戦後史断章(28) 

現時点で報道されている小島容疑者の人物像は次のようである。

Ws000005
 「(小島容疑者が14歳の時)しつけに関しては、何も私はしなくなりました」(小島容疑者の実の父親)
 両親と折り合いが悪く、祖母の養子になったという小島容疑者。中学生のときに不登校となり、その後、自立支援施設で6年以上生活したといいます。
 「うちにいたころは非常に真面目で、何か問題をおこすとか一切なかった」(自立支援施設代表)
 親族などによりますと、小島容疑者は3年前、高校卒業後に就職しましたが、1年足らずで退職したということです。この場所は、小島容疑者が去年まで使用していた部屋。「人生においてやり残したこと」として、「冬の雪山での自殺」などと自殺願望を示すメモが残されていました。そして・・・。
 「こんなところでごそごそしとるより、死んだ方がいいってね」(小島容疑者の祖母)
 去年12月、祖母の家を出ていったというのです。
 「仕事で挫折したもんだから、自信がなくなったんだろうな」(小島容疑者の祖母)

つまり、「家庭環境」と「仕事の挫折」である。
同様の要因が指摘されたのが、秋葉原事件であった。
「家庭環境の問題」は『万引き家族』が典型であるが、社会の縮図の凝縮のように思える。
2018年6月11日 (月) 『万引き家族』の評価を巡って/ABEXIT(49)

安倍政権の苦手なテーマであるが、「仕事」についても心許ない。
今国会の最重要テーマと言っている割にお粗末な審議である。
2018年2月18日 (日) 何のための「働き方改革」なのか/日本の針路(375) 
2018年3月 2日 (金) 何のための「働き方改革」なのか(9)/日本の針路(384)
2018年3月12日 (月) 政府の「働き方改革」の馬脚/日本の針路(393)
2018年5月27日 (日) 「働き方改革法案」を強行採決/ABEXIT(35)

労働体験の貧弱な世襲議員では「働き方」の本質に迫ることは難しいだろう。
「今年は明治維新150年」と同時に「マルクス生誕200年」である。
高プロを「残業代を払わなくて良い制度」と考えていると、手痛いしっぺ返しがある。

無差別通り魔殺人事件は、個人的な一過性の問題とは言えない。
今月のNHKEテレの『100分de名著』は、中条省平氏の解説による『アルベール・カミュ ペスト』である。
学生時代にかじった程度であるが「不条理」に向き合った作家として知られる。
この種の不条理は、社会のあり方を健全化して行かないと、増えこそすれ減ることはないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

米朝首脳会談合意文書に署名/世界史の動向(61)

アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)は、12日、シンガポール南部セントーサ島のカペラホテルで初の首脳会談を行い、共同声明に署名した。

Photo
Trump and Kim Signed Something in Singapore. Here's What It Says

声明の内容は以下の通りである。

 トランプ大統領と金正恩委員長は米国と北朝鮮の新たな関係樹立や朝鮮半島の持続的で強固な平和体制の構築に関連した問題を議題とし、包括的かつ深く、真摯(しんし)に意見を交換した。トランプ大統領は朝鮮民主主義人民共和国の安全を保証することを約束し、金正恩委員長は朝鮮半島の完全な非核化に向けた確固たる変わらない約束を再確認した。
 新しい朝米関係を樹立することが朝鮮半島や世界の平和、繁栄に寄与するという点を確信し、相互信頼を構築することが朝鮮半島の非核化を進めることを確認し、トランプ大統領と金委員長は次のような合意事項を宣言する。
1.米国と北朝鮮は平和と繁栄に向けた両国国民の願いを踏まえ、米国と北朝鮮の新たな関係を築くことを約束する。
2.両国は朝鮮半島の持続的かつ安定的な平和を構築するため、共に努力する。
3.2018年4月27日の板門店宣言を再確認し、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向け、努力することを約束する。
4.米国と北朝鮮は身元の確認ができた戦争捕虜、行方不明者の遺骨を直ちに送還することを含め、戦争捕虜、行方不明者の遺骨収集を約束する。

現時点では不透明な部分が多いのは確かであるが、大きな一歩を踏み出したことは間違いないだろう。
しかし、当然のことながら拉致問題の解決については、安倍首相のように口先だけで最重要課題というだけでなく、自ら動いて解決していかなければならない。
家族会の反応も冷ややかなように感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

脳梗塞後遺症との闘い・西城秀樹/追悼(126)

昭和の歌謡史を情熱的な歌唱と激しいアクションで彩った歌手西城秀樹(本名・木本竜雄)さんが16日に死去した。
広島県出身で、63歳だった。
2度の脳梗塞に倒れ、懸命なリハビリを続けながら、最期まで「生涯歌手」にこだわった人生だった。

中国新聞は次のような号外を発行している。Photo_4

「絶唱型」と呼ばれた歌唱スタイルと、ダイナミックなステージだけでなく、ハウス食品「バーモントカレー」のCMでは「ヒデキ、感激!」などのキャッチコピーがお茶の間の人気になった。
さまざまな仕掛けの先駆でもあった。
1805192
東京新聞5月19日

伊豆の河津町に、豊かな湯量で知られる峰温泉がある。
そこの喫茶店のカレーが好きだったという。1805182
東京新聞5月18日

48歳の時に最初の脳梗塞を発症し、8年後のに再発した。
右半身のまひと、会話をする際の言葉に障害が残ったが、「病気のおかげで多くのことに気付くことができた」と語っていた。
ほぼ同じ後遺症の私にとっては先達とも言えた。
苦しいリハビリももうしなくても良い。
ゆっくり休まれんことを。
合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

赤ヘル黄金時代の鉄人・衣笠祥雄/追悼(123)

衣笠祥雄さんが亡くなった。
頑健な身体で連続試合出場を続け、国民栄誉賞を受賞したが、それでも病魔は別であったのだろう。
1804252
東京新聞4月25日

衣笠さんの出場記録は、私などの世代は「働き方」の美学でもあった。
少々の風邪や私用などでは休まないで仕事に出かけた。
それが良いことだとは言わない。
まして他人に強制すべきではないだろう。
プロ野球でも健康管理意識が浸透して、ピッチャーでも先発‐中継ぎ‐クローザーなどの分化が進んで、投手生命の長期化に貢献している。
かつての稲尾和久投手や杉下茂投手のような活躍を期待するのは間違いであろう。
1804252_2
同上

衣笠さんが活躍したのは、広島カープが赤ヘル旋風を巻き起こした時期である。
僚友山本浩二さんらと黄金時代を築いた。
中国新聞のラテ欄は「さようなら鉄人▽受け継がれる忍耐!白星を天に捧ぐ」と縦書きしてファンを泣かせた。
Photo
「さようなら鉄人…」衣笠祥雄さんの死去で新聞の縦読みが話題

次のようなエピソードが紹介されていて、思わず頬が緩んだ。
Photo_2

好漢という言葉が相応しい人だったように思う。
合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

「はじまり」の謎・ホーキング博士/追悼(120)

「宇宙のはじまり」について、大きな業績を上げたスティーヴン・ウィリアム・ホーキング博士が亡くなった。
Photo_3
追悼:ホーキング博士、その賭けと発言を振り返る

1942年1月8日に生まれ、2018年3月14日が命日である。
3月14日は、円周率の日であり、数学の日である。
と考えれば、ホーキング博士の命日に相応しい日のように思う。
そして奇しくも、1879年のこの日、アルベルト・アインシュタインが生まれている。
アインシュタインの業績は多岐にわたるが、最も有名なものは一般相対性理論であろう。
1916年に発表され、重力によって光が曲げられることを予言した。
一般相対性理論と関わる分野で理論的研究を前進させたのがホーキング博士である。
1963年にブラックホールのブラックホールの特異点定理を発表し、1971年には「宇宙創成直後に小さなブラックホールが多数発生する」とする理論を提唱した。
1974年には「ブラックホールは素粒子を放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論(ホーキング放射)を発表して、量子宇宙論という分野を形作ることになった。

もちろん、私に解説する知見はないが、宇宙の起源というテーマにワクワク感を覚える。
人の一生ははかない。
私も、最近は「来し方行く末」を考えるようになった。
個体としての私は、あと何年生きられるか分からない。
確かなことは、いつかは死ぬということだ。

個体としての生死を繰り返しながら、類・種として継続する。
それが生命体のしくみであるが、ダーウィンの『種の起源』が物語るように、新しい種が誕生した結果、地球上には多種多様な生命体が存在する。
新しい種、言い換えれば「質」は、いつ、どのように誕生するか?
池内了『「はじまり」を探る』東京大学出版会(2014年10月)は、「宇宙、生命、人類、言語、複雑性、…」の「はじまり」を、各分野のエキスパートが解説した書である。Photo
現代宇宙論に多大な影響を与えた人物である。

ホーキング博士は、「車椅子の物理学者」としても知られた。
学生のころに筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症したと言われる。
ALSは発症から5年程度で死に至る病であると考えられていたが、ホーキング博士は発症から50年以上にわたり研究活動を続けた。
晩年は重度障害者用意思伝達装置を使っており、その姿は良く知られていた。
身障者にとっては希望を与えてくれた存在だった。
合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月23日 (金)

一緒に飲みたい雰囲気を持った人・大杉漣/追悼(119)

遅咲きと言っていいだろう。
いつの間にやらメジャーになっていたという気がする。
幅広い芸域のバイプレイヤー・大杉漣さんが、急性心不全のため21日未明に急逝した。
享年66歳。

Ws000000_3 明大中退後の73年に舞台デビュー。80年に「緊縛いけにえ」で映画デビューし、ロマンポルノ作品にも多数出演し、名脇役となる基礎を作り上げた。93年に北野武監督「ソナチネ」のオーディションに合格し暴力団幹部役を熱演。“いぶし銀”の存在感を発揮し「HANA-BI」をはじめ、同監督作品には欠かせない存在に。数々の連続ドラマや大作映画に出演したが「枠や垣根はつくらない」と、製作費の少ない自主製作作品にも数多く出演。出演数の多さから「300の顔を持つ男」と呼ばれた。
 明るく朗らかなキャラで近年はバラエティー番組でも人気に。日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」の人気コーナー「ゴチになります!」に昨年からレギュラー出演中。同9月には、設定金額を的中させる「ピタリ賞」を番組史上初めて2週連続で達成するなどマルチに活躍した。
 趣味も多彩でバンドなど音楽活動をはじめ、徳島・城北高時代はサッカー部に所属し全国大会に出場するなど大のサッカー好き。J2徳島ヴォルティスの熱狂的サポーターとして、サッカーファンからも人気で、誰からも愛された。
大杉漣さん急死 前日ドラマ撮影後に宿泊先で異変

急性心不全というから、心筋梗塞か、心室細動のどちらかの可能性が高い。
「おなかが痛い」と訴えたそうだが、「放散痛といわれるものではないか。
高血圧、喫煙、飲酒、肥満、ストレスなどが原因となり、冬場に発症しやすい。
働き盛りとも言えるが、分類としては高齢者になり、危険な年代であった。
各界から悼む声が寄せられているが、次のように言われるのは「300の顔を持つ男」と言われた人の本望だろう。

Ws000002

もちろん面識はないのだが、心配りの人だったという。
今は飲むという場には縁が無いが、こういう人と互いに気を使わないで飲みたい。
大勢で居酒屋などでガヤガヤ飲むのも良し、バーで静かに飲むのも良し、という雰囲気を持っていた人だったように思う。
合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

下町ボブスレーと「日本スゴイ」騒動/日本の針路(370)

下町ボブスレーというプロジェクトがある。
池井戸潤の小説『下町ロケット』を真似したプロジェクトで、「大田区の小さな町工場が中心となり、世界のトップレベルへ挑戦する日本製のソリを作り、産業のまち大田区のモノづくりの力を世界に発信しようというプロジェクト」になっている。
下町ボブスレーネットワークプロジェクト公式サイト

「下町ボブスレー」を無償で提供されたジャマイカ代表チームが、五輪本番で使用する契約を破棄したことが明らかになった。
替わりにラトビア製が使われる。

 下町ボブスレーのプロジェクト推進委員会は、今月2日に担当者5人を平昌に派遣。交渉は決裂していたが、翻意する可能性を信じて乗り込んだ。4日にジャマイカ連盟幹部と会った際に言われたのは、「それは、われわれのそりではない」。説得する余地はなく、諦めて帰国の途に就いた。
下町ボブスレー、諦め切れない五輪の夢=ジャマイカ翻意せず

これに対し、使用しなかったジャマイカチームを非難する声が上がったらしい。

 ジャマイカのボブスレー製作をしていた組織「下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会」が会見を開き、五輪で下町ボブスレーを採用しないのであれば契約書に規定がある通りジャマイカ側に損害賠償6800万円を請求する姿勢を見せると、ネットにはこれに同調し、「下町の町工場の人たちの義理人情をジャマイカは踏みにじった」とジャマイカをバッシングする意見があふれかえったのだ。
 マスコミも同様だ。たとえば、2月6日放送『とくダネ!』(フジテレビ)では笠井信輔アナウンサーが「(ジャマイカの)チームの人たちが下町ボブスレーの下町工場の人たちがつくったこのソリの重みとか意味とかをどれだけわかって使っているのかなって気がするんですよ。(中略)契約解除するんだったら『解除するので賠償金を払います』ということを同時に伝えてくるべきじゃないかなと僕は思います」とまくしたてた。
 さらに、同6日放送『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ)は、ジャマイカがラトビア製のボブスレーを使うことになったのは用意周到に仕組まれたものだったという怪しげな陰謀論まで開陳。夕刊フジにいたっては、「ジャマイカに契約の概念ある!?」などという、差別丸出しの見出しを掲げてジャマイカバッシングを展開した。
Ws000000
下町ボブスレー問題でジャマイカバッシング! 背景に右派メディアと安倍応援団の「日本スゴイ」の虚妄

おそらく電博などの広告会社の企画だろうが、明治150年に通底する安易なナショナリズムが透けて見える。
ツイッターの意見を拾ってみよう。
2_2

聞けば、ボブスレーを分解してみたところ、「こんなものか」という軽いノリでやって、結局うまく行かなかったということのようだ。
例の如く、安倍首相が深く考えもしないで安易に乗ったらしい。

技術を軽く考えてはいけない。
日本が技術大国になったのは、安倍首相みたいなゴマカシの精神を排除した勤勉な努力の成果なのである。
いたずらに「日本はスゴイ」などと考えているとしたら大間違いで、確かに教訓になる話と言えよう。

と思っていたら、既に教科書に載っていた、というオチがあった。
Img_56512

以下にように解釈すれば、池井戸潤そのものとも言える。
Img_56602

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧