« 粉飾と隠蔽は倒産の前兆/安部政権の命運(78) | トップページ | 虚偽申述は隠蔽ではないのか?/安部政権の命運(80) »

2019年2月27日 (水)

それでも辺野古埋め立てを進めるか/安部政権の命運(79)

辺野古埋め立ての是非を問う県民投票の結果が出た。
「反対」は実に72%超であり、明白な「NO]である。
2019年2月25日 (月) 沖縄の民意をどう受け止めるか?/安部政権の命運(77)

この投票結果の報じ方がメディアでかなり異なる。
つまり安倍政権への忖度のバロメーターとなっていることが興味深い。
1902262
毎日新聞2月26日

読売と産経の安倍政権応援団としての性格が浮き彫りになっている。
NHKも同様と言えよう。
Photo

反対多数であることは報じられているが、比率は全有権者に対するもので、投票数に対するものではない。
下地幹生の言い方を見ればハッキリする。
Photo_2

こんな幼稚なレトリックは小学生でも通用するまい。
2

しかしNHKが同じようなことをしているのだ。
心ある職員の憤慨が聞こえるような気がする。
2019年2月19日 (火) 安倍官邸VSNHK反権力職員/安部政権の命運(72)
しかも「法的拘束力がない」と繰り返し強調している。
沖縄県民の投票は本当に法的拘束力はないのか?
憲法学の泰斗小林節慶應大学名誉教授は、憲法95条「特別法の住民投票」に触れつつ、地域と国の行政分担のあり方から、次のように結論づけている。1902272
日刊ゲンダイ2月27日

安倍首相は、住民投票の結果は「真摯に受け止める」と言いながら、工事は継続するという。
1902262_2
毎日新聞2月26日

どういう頭の構造になっているのだろうか?

|

« 粉飾と隠蔽は倒産の前兆/安部政権の命運(78) | トップページ | 虚偽申述は隠蔽ではないのか?/安部政権の命運(80) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

安部政権の命運」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それでも辺野古埋め立てを進めるか/安部政権の命運(79):

« 粉飾と隠蔽は倒産の前兆/安部政権の命運(78) | トップページ | 虚偽申述は隠蔽ではないのか?/安部政権の命運(80) »