« トランプ大統領をノーベル平和賞に推薦?/安部政権の命運(73) | トップページ | 統計不正を厚労省が虚偽報告/安部政権の命運(75) »

2019年2月21日 (木)

安倍官邸VSジャーナリズム/安部政権の命運(74)

菅官房長官VS東京新聞望月記者の問題を、東京新聞が全面を用いて検証している。
2190220_3
東京新聞2月20日

新聞社としては所属記者を守ることは当然とも言えるが、菅官房長官の姿勢は異常だ。
望月記者は、辺野古の埋め立て現場で赤土が使われているかどうかという「事実」を確認するものであった。
2019年2月17日 (日) 東京新聞望月記者の質問の制限/安部政権の命運(70) 

それを「事実誤認があった」という理由で制限するのはスジが通らない。
官邸側が「簡潔に」とせかすのも合点が行かない。
東京新聞の「意見」は以下のようであり、その通りとしか言いようがないであろう。
2190220_2
同上

NHK職員の「反旗」もそうだが、官邸は硬骨のジャーナリストを敵に回していると言っていいるだろう。
1902212
毎日新聞2月21日

記者クラブは利権共同体であり、ジャーナリズムの本道から外れている。

|

« トランプ大統領をノーベル平和賞に推薦?/安部政権の命運(73) | トップページ | 統計不正を厚労省が虚偽報告/安部政権の命運(75) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

安部政権の命運」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍官邸VSジャーナリズム/安部政権の命運(74):

« トランプ大統領をノーベル平和賞に推薦?/安部政権の命運(73) | トップページ | 統計不正を厚労省が虚偽報告/安部政権の命運(75) »