« アベノミクスという虚飾の看板/安部政権の命運(57) | トップページ | 戦後最長の景気拡大?/安部政権の命運(59) »

2019年2月 2日 (土)

株価維持のための運用で大損失/安部政権の命運(58)

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の公的年金積立金の2018年10~12月期の資産運用成績は、14兆8039億円の赤字だった。
四半期ベースでの赤字幅としては過去最大である。Photo_3
GPIFによる国民年金や厚生年金の運用 14兆8039億円の赤字と発表

アベノミクスと称する政策が効果が上がっていないことは、一連の統計不正でも明らかであろう。
2019年1月25日 (金) 不正統計の隠蔽を隠蔽!?/安部政権の命運(53) 
2019年2月 1日 (金) アベノミクスという虚飾の看板/安部政権の命運(57)

景気拡大が最長を更新しているというが、手前味噌というしかないだろう。
可処分所得はむしろマイナスなのだ。
Photo_2
2018年12月26日 (水) 安倍バブルの崩壊/安部政権の命運(35)

しかもGPIFの運用先は、軍事部門の売上高の世界のトップ10に入っている企業である。
Gpif
2017年9月18日 (月) GPIFは死の機関投資家か?/アベノポリシーの危うさ(297)

|

« アベノミクスという虚飾の看板/安部政権の命運(57) | トップページ | 戦後最長の景気拡大?/安部政権の命運(59) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

安部政権の命運」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 株価維持のための運用で大損失/安部政権の命運(58):

« アベノミクスという虚飾の看板/安部政権の命運(57) | トップページ | 戦後最長の景気拡大?/安部政権の命運(59) »