« 秀才かつクリエイティブ・堺屋太一/追悼(137) | トップページ | 「活かせ統計、未来の指針。」/安部政権の命運(66) »

2019年2月12日 (火)

GDP統計は信頼できるのか?/安部政権の命運(65)

政府は1月の月例経済報告で、景気拡大が戦後最長を更新したとの認識を示した。
しかし、多くの国民は好景気を実感していないだろう。190130
毎日新聞1月30日

もちろん確定判断には時間がかかるので暫定認識ではある。
1901233
毎日新聞1月23日

景気そのものは直接目には見えないから指標に頼らざるを得ない。
しかし、その指標を導出するためのデータが疑われているのだ。
Gdp1902062
日刊ゲンダイ2月6日

現時点では意図的な操作だというのは現時点では慎むべきだろう。
しかし「モリカケ」疑惑以来、決裁済みの公文書まで書き換えられていたのである。
非自然なデータがあると指摘されているにもかかわらず、説明に積極的でない姿勢が疑いを増幅するのだ。
Gdp1902092
東京新聞2月9日

統計データは政策の基礎である。
第一義的な説明責任はもちろん政府にある。

|

« 秀才かつクリエイティブ・堺屋太一/追悼(137) | トップページ | 「活かせ統計、未来の指針。」/安部政権の命運(66) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

安部政権の命運」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GDP統計は信頼できるのか?/安部政権の命運(65):

« 秀才かつクリエイティブ・堺屋太一/追悼(137) | トップページ | 「活かせ統計、未来の指針。」/安部政権の命運(66) »