« 海外紀行番組の草分け・兼高かおる/追悼(133) | トップページ | 事実を見ないで正しい判断はできない/安部政権の命運(46) »

2019年1月14日 (月)

辺野古に見る政権の本質/安部政権の命運(45)

政府の無法ぶりが目に余る。
辺野古では玉城知事の「県民投票まで待って」という要請にも拘わらず、辺野古への土砂投入が続けられている。190114_4

東京新聞1月14日

そして自治体に圧力を加え、県民投票不参加を誘導している。
沖縄市、宜野湾市、宮古島市などが不参加を表明しているが、市民の判断を封殺する行為と言えよう。
1901112
東京新聞1月11日

政府の様々な補助金等による揺さぶりである「分割してかつして統治せよ」という植民地支配の古典的方策である。
180928
2018年9月28日 (金) 沖縄県知事選の政治思想的意味/メルトダウン日本(42)

Photo

しかし県民の間には意思表示の方法の探る運動が続いている。

 政党や沖縄県政与党の県議会会派、企業、労組などでつくる「辺野古埋め立て・新基地建設反対の民意を示す県民投票連絡会」が、県民投票への不参加表明や態度未表明の5市で、住民の意思表示の手段として県条例に基づかない自主投票や模擬投票、ネット投票のほか投票実施を求める署名運動など実施できるか検討していることが12日、関係者への取材で分かった。
県民投票不参加でもあきらめない 自主・模擬・ネット投票や署名運動を検討

物理的な埋め立ては「粛々と」進められても、「心」まで埋め立てることはできないのだ。
2018年12月16日 (日) 心の埋め立てはできない/安部政権の命運(29)

|

« 海外紀行番組の草分け・兼高かおる/追悼(133) | トップページ | 事実を見ないで正しい判断はできない/安部政権の命運(46) »

ニュース」カテゴリの記事

安部政権の命運」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海外紀行番組の草分け・兼高かおる/追悼(133) | トップページ | 事実を見ないで正しい判断はできない/安部政権の命運(46) »