« 外国人労働者は現代の「蟹工船」か?/安部政権の命運(19) | トップページ | 沖縄は独立に動くか?/安部政権の命運(21) »

2018年12月 5日 (水)

外国人就労拡大の障壁としての日本語/安部政権の命運(20)

安部政権はなりふり構わず外国人就労拡大に向かって、猪突猛進している。
確かに介護分野等における人手不足は深刻である。
2018年11月30日 (金) 介護分野での外国人就労拡大/安部政権の命運(15)
2018年11月28日 (水) 入管法強行採決と民主主義の死/安部政権の命運(14)

もちろん介護業界もいたずらに手を拱いているわけではない。
海外人材を広くリクルートしている。
しかしながら、思うように人が集まっていない。
それは必ずしも低賃金のためではない。
介護職の待遇は一般に流布されているよりは恵まれている。
ただ、日本人には3Kイメージが定着してしまったので、高校生が就職したがらないのだ。

外国人にとっての障壁は「日本語」である。
1812022
東京新聞12月2日

介護の専門学校に入学するためには、最低でもN3程度の日本語能力が必要である。
2_2

しかし、現地の日本語学校でN3レベルに到達することは難しい。
実際には日本で、日本語学校に入ることになるが、そうなると学費が大変である。
その学費に見合うだけの厚遇ではないのである。
外国人材拡大のためには、入管法の改正よりも効果的な日本語学習メソッドの確立と「働き方改革」が必要なのではないだろうか。
人手が足りないので外国の方いらっしゃいませんか、居留条件は緩めますよ、と言うだけでは人は集まらない。

|

« 外国人労働者は現代の「蟹工船」か?/安部政権の命運(19) | トップページ | 沖縄は独立に動くか?/安部政権の命運(21) »

ニュース」カテゴリの記事

安部政権の命運」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/74703087

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人就労拡大の障壁としての日本語/安部政権の命運(20):

« 外国人労働者は現代の「蟹工船」か?/安部政権の命運(19) | トップページ | 沖縄は独立に動くか?/安部政権の命運(21) »