« 成長戦略としての原発輸出の破綻/安部政権の命運(30) | トップページ | ゴーン拘留延長不許可と再逮捕/ブランド・企業論(83) »

2018年12月20日 (木)

専守防衛からの逸脱・公明党はどうする?/安部政権の命運(31)

新防衛大綱で、専守防衛からの逸脱が明確になった。
たとえば、護衛艦「いずも」の空母化である。
1812192
東京新聞12月19日

どんなに強弁しても、あるいは詭弁を弄しても、米機が発着する空母が専守防衛であろうはずがない。
岩屋防衛相は、辺野古埋め立てを国民のためと言っているが、もはや誰の目にも「対米従属」は明らかである。
2018年12月16日 (日) 心の埋め立てはできない/安部政権の命運(29)181219_2
毎日新聞12月19日

「懸念」というのは抑制的に過ぎよう。
この事態に至っても、公明党は与党のポジションにしがみついているのか?
とすれば結党の精神はどこへ行ったのか?
沖縄知事選では、三色旗の下に、反本部に動いた学会員も少なくなかったという。
2018年9月25日 (火) 沖縄知事選の対決の構図(2)/メルトダウン日本(39)

辺境での変革の動きが、中央を揺さぶる時が来たのではなかろうか?

|

« 成長戦略としての原発輸出の破綻/安部政権の命運(30) | トップページ | ゴーン拘留延長不許可と再逮捕/ブランド・企業論(83) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

安部政権の命運」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 専守防衛からの逸脱・公明党はどうする?/安部政権の命運(31):

« 成長戦略としての原発輸出の破綻/安部政権の命運(30) | トップページ | ゴーン拘留延長不許可と再逮捕/ブランド・企業論(83) »