« 官民ファンド・JICをめぐる混乱の原因/安部政権の命運(25) | トップページ | 問答無用で辺野古埋め立てをするとは/安部政権の命運(27) »

2018年12月13日 (木)

「災」の内閣/安部政権の命運(26)

恒例の「今年の漢字」は「災」だそうである。
Photo
今年の漢字、平成最後は「災」に決定

自然災害や人災が相次いだ1年だった、といった理由が寄せられた。
確かに災害の印象が強いが、「赤坂自民亭」が象徴するように何といっても内閣そのものが「災」だった。
Photo
2018年7月 8日 (日) 緊急事態にもかかわらず「赤坂自民亭」で大宴会/ABEXIT(68)

それにしても酷い内閣である。
河野太郎外相の記者会見の様子を見ていて、腹が立たない人はいないだろう。
181212
毎日新聞12月12日

記念に記者会見の速記をコピーしておこう。

【時事通信 越後記者】日露関係について伺います。先日,ラヴロフ外務大臣が日露平和条約の締結について,第二次世界大戦の結果を認めることを意味すると,日本が認めることが最初の一歩になるというような発言をされていますけれども,この発言に対する大臣の受け止めをお願いします。
【河野外務大臣】次の質問どうぞ。
【読売新聞 梁田記者】今のに関連して伺います。大臣,国会答弁等でも日露関係については交渉に資することはないので,発言は一切控えるというふうにおっしゃってますけれども,今のように,ロシア側ではラヴロフ外相,ペスコフ報道官等々,いろいろな原則的立場の表明があります。これに対して反論を公の場でするおつもりもないということでよろしいんでしょうか。
【河野外務大臣】次の質問どうぞ。
【共同通信 田中記者】引き続き,関連の質問なんですけれども,大臣は良い環境を整備したいということで,発言をこれまで抑制的あるいは抑えてこられたと思うんですけれども,一方でロシア側からは,どんどんこれまでとおりの発言が出てきます。こういった端から見たらアンバランスな状況が,実際の協議にも影響を与えるという懸念もあると思うんですが,その点に関してはどうお考えでしょうか。
【河野外務大臣】次の質問どうぞ〉

昔読んだ「ピーターの法則」を思い出した。
Wikipediaでは次のように紹介している。

能力主義の階層社会では、人間は能力の極限まで出世する。したがって、有能な平(ひら)構成員は、無能な中間管理職になる。
時が経つにつれて、人間はみな出世していく。無能な平構成員は、そのまま平構成員の地位に落ち着く。また、有能な平構成員は無能な中間管理職の地位に落ち着く。その結果、各階層は、無能な人間で埋め尽くされる。
その組織の仕事は、まだ出世の余地のある人間によって遂行される。

まさに絵に描いたような無能ぶりではないか。

|

« 官民ファンド・JICをめぐる混乱の原因/安部政権の命運(25) | トップページ | 問答無用で辺野古埋め立てをするとは/安部政権の命運(27) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

安部政権の命運」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「災」の内閣/安部政権の命運(26):

« 官民ファンド・JICをめぐる混乱の原因/安部政権の命運(25) | トップページ | 問答無用で辺野古埋め立てをするとは/安部政権の命運(27) »