« 破滅文士型コラムニスト・勝谷誠彦/追悼(133) | トップページ | 大阪万博への違和感/安部政権の命運(16) »

2018年11月30日 (金)

介護分野での外国人就労拡大/安部政権の命運(15)

安部政権は外国人就労拡大に前のめりである。
確かに日本人が就きたがらない職種、例えば介護などの分野においては、外国人材の拡大は喫緊の課題である。
しかし介護職は単純労働ではない。
181126
東京新聞11月26日

介護の分野の国家資格に介護福祉士がある。
介護福祉士になるコースは下図のようである。
Photo
資格取得ルート図

このうち最も一般的なコースは養成施設ルートである。
多くは専門学校である。
養成施設に入学を希望する日本人は今や絶滅危惧種になっている。
介護職の待遇のイメージが社会に定着していて、せっかく高校生が志望しても、親や教師が反対するケースも多い。
このため養成校も学校経営を継続するために外国人に対して門戸を広げている。
180918
東京新聞9月18日

現実に介護留学生に対して奨学金を出す施設もある。
しかし、漢字の壁などもあり、付け焼刃で対応できる問題ではない。

|

« 破滅文士型コラムニスト・勝谷誠彦/追悼(133) | トップページ | 大阪万博への違和感/安部政権の命運(16) »

ニュース」カテゴリの記事

安部政権の命運」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/74687949

この記事へのトラックバック一覧です: 介護分野での外国人就労拡大/安部政権の命運(15):

« 破滅文士型コラムニスト・勝谷誠彦/追悼(133) | トップページ | 大阪万博への違和感/安部政権の命運(16) »