« 自己責任論の起源/世界史の動向(69) | トップページ | 米中対立とAPEC首脳宣言断言/世界史の動向(70) »

2018年11月20日 (火)

日産ゴーン逮捕の衝撃と教訓/ブランド・企業論(73)

日産自動車再建の功労者(だったはずの)カルロス・ゴーン氏が東京地検特捜部に逮捕された。
181120
東京新聞11月20日

有価証券報告書に自分の報酬を過少に虚偽記載していた疑いだという。
「ゴーンよ、お前もか!」という感である。
当然のことながら、日産自動車の株価は急落した。
Ws000002_2

大部分のビジネスパーソンが、「まさか!」と思うだろう。
レバノン出身のブラジル人で、日仏の代表的な企業の代表を務めた人物である。
昨年1月には日本経済新聞の「私の履歴書」欄に登場し、それをベースにした著書も出ている。
Photo
日本経済新聞社(2018年3月)

まさにカリスマと呼ばれるに相応しい経営者だ。
そのカリスマが日本社会の常識からすれば、余りに多額の役員を得ていた。
にもかかわらず、それを少しでも少なく見せたかったのだろうか。

余りに強い権力の集中による驕りだろうか?
権力は腐敗する。絶対権力は絶対に腐敗する。
改めて噛みしめたい。

|

« 自己責任論の起源/世界史の動向(69) | トップページ | 米中対立とAPEC首脳宣言断言/世界史の動向(70) »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ブランド・企業論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日産ゴーン逮捕の衝撃と教訓/ブランド・企業論(73):

« 自己責任論の起源/世界史の動向(69) | トップページ | 米中対立とAPEC首脳宣言断言/世界史の動向(70) »