« 消費税は米製兵器の購入に消えるのか/安部政権の命運(6) | トップページ | お粗末な答弁連発の櫻田義孝五輪相/安部政権の命運(8) »

2018年11月10日 (土)

追い詰められた片山地方創生相/安部政権の命運(7)

第4次安部内閣は危うい大臣が顔を揃えている。
中でも“紅一点”の片山さつき地方創生相が火だるま状態である。

2018年10月20日 (土) 火種の閣僚&自民党役員(3)片山さつき地方創生相/メルトダウン日本(58)
2018年10月28日 (日) 片山さつき地方創生相は政権の命取りか?/安部政権の命運

次々と日替わりで疑惑が発生しており、野党の砲火の的となっている。
しかも答弁が誠実ではないのである。
Ws000002
片山担当相、参院通行証申請は私設秘書として

「週刊文春」誌が火を点けたのだが、執拗に連載を続けており、辞任するまで止めないぞという勢いである。
11月8日発売の最新号は総括編の趣である。181115

公選法違反の疑いも濃厚である。

 さいたま市浦和区に今も片山氏の顔と名前がデカデカと掲げられている巨大な看板。かの地は片山氏の出身地で、130センチ×180センチの上部には「未病革命2030」と自著名が記されているが、明らかに顔と名前の方が大きい。Ws000000
 7日の参院予算委員会で、国民民主党の足立信也議員の質問に、片山氏は「書籍販売の宣伝で政治活動のための広告ではない」と主張したが、〈さいたま生まれ・育ちの唯一の参議院議員〉と、ちゃっかりアピールする抜け目なさ。
 この看板は自著発売1カ月後の2016年1月13日に設置したというが、すでに3年近くが経過。問題は、片山氏が全国区比例で出馬した16年参院選のさなかにも、この自己PR看板が撤去されなかったことだ。足立氏は「選挙期間中の文書図画の掲示を禁じた公職選挙法に違反する」と追及したが、選挙を管轄する石田真敏総務相は「事実関係を承知する立場にない」とノラリクラリ。
日刊ゲンダイが片山氏の自著の出版元である日経BP社に宣伝看板の設置の経緯を尋ねると、「ご指摘の看板は、弊社が出したものではありません」(経営企画室)と回答。足立議員の質問に片山氏は「出版を広報する私の関係会社と、出版社との話し合いで設置した」と説明したが、またもや「口からデマカセ」なのか……。
片山大臣"脱法看板"にデマカセ答弁 出版社と説明食い違う

こんないい加減な説明を許してはならない。
当然のことながら、安倍首相の任命責任も問わなければならない。

|

« 消費税は米製兵器の購入に消えるのか/安部政権の命運(6) | トップページ | お粗末な答弁連発の櫻田義孝五輪相/安部政権の命運(8) »

ニュース」カテゴリの記事

安部政権の命運」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/74568716

この記事へのトラックバック一覧です: 追い詰められた片山地方創生相/安部政権の命運(7):

« 消費税は米製兵器の購入に消えるのか/安部政権の命運(6) | トップページ | お粗末な答弁連発の櫻田義孝五輪相/安部政権の命運(8) »