« 日産ゴーン逮捕の衝撃と教訓/ブランド・企業論(73) | トップページ | ゴーン逮捕をめぐる巷の意見/ブランド・企業論(80) »

2018年11月21日 (水)

米中対立とAPEC首脳宣言断言/世界史の動向(70)

パプアニューギニアで18日に閉幕したアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議は、通商紛争のまっただ中にある米中の深い溝によって、首脳宣言がまとまらない事態に発展した。
Apec1811192
日本経済新聞11月19日

APECの枠組みは世界の人口の約4割を占める。
その国々が協調をめざしてきたのであるが、米中両大国の対立が合意を妨げたのだ。

アジア太平洋地域に関しては、いくつかの経済圏構想が被って存在している。
Apec1811192_2
毎日新聞11月19日

トランプ大統領以前は、「反保護主義」は当然の前提だったと言えよう。
しかし今や保護主義が地球を覆う勢いである。
Apec1811193
日本経済新聞11月19日

米中の狭間で、日本が埋没しないで存在感を示せるか?
アメリカ追随一辺倒というわけにはいかない。

|

« 日産ゴーン逮捕の衝撃と教訓/ブランド・企業論(73) | トップページ | ゴーン逮捕をめぐる巷の意見/ブランド・企業論(80) »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

世界史の動向」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米中対立とAPEC首脳宣言断言/世界史の動向(70):

« 日産ゴーン逮捕の衝撃と教訓/ブランド・企業論(73) | トップページ | ゴーン逮捕をめぐる巷の意見/ブランド・企業論(80) »