« 偽装国家の本領(11)地面師詐欺/メルトダウン日本(56) | トップページ | 火種の閣僚&自民党役員(3)片山さつき地方創生相/メルトダウン日本(58) »

2018年10月19日 (金)

原発事故の直接的責任と間接的責任/メルトダウン日本(57)

東日本大震災に伴う東京電力福島第一原発の事故は、取り返しのつかない出来事だった。
日本史上の大事件である。
2011年4月 9日 (土) 福島原発事故の失敗学

事故が起きたのは民主党政権の時だったが、事故の根本は自民党政権時代に作られている。
特に第一次安倍政権の責任は大きい。
原子炉の冷却ができない事態を想定していないのだ。
2016年8月29日 (月) 『東京ブラックアウト』と国会質疑/原発事故の真相(147)

市民が強制起訴した福島第一原発事故の刑事裁判で、東電幹部が証言台に立った。
検察審査会による強制起訴での刑事裁判では、JR西日本の福知山線脱線事故の例があるが、歴代3社長の無罪が確定した。
JR西の場合は、歴代社長は必要な安全対策を講じていたか否かが問われていたが、直接的な責任は、制限速度を大幅に超過し、脱線転覆させた運転士にある。

福島の原発事故の場合はどうか。
問題は、大津波の襲来の予見可能性であり、必要な対応をしていたか否かである。
これについて、東電幹部は部下の証言を否定する証言に終始した。
1810182
日本経済新聞10月18日

大津波に対しては防潮堤を高くするなど、経営トップらの決断で対策のゴーサインが出せる工事があるが、武藤栄副社長らは語気を強めて自らの責任を否定した。
モリカケ疑惑があぶり出した政権幹部の姿とそっくりではなかろうか。
181019_2
日刊ゲンダイ10月19日

|

« 偽装国家の本領(11)地面師詐欺/メルトダウン日本(56) | トップページ | 火種の閣僚&自民党役員(3)片山さつき地方創生相/メルトダウン日本(58) »

ニュース」カテゴリの記事

メルトダウン日本」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

コメント

http://mugentoyugen.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-51f7.html

投稿: | 2018年10月20日 (土) 18時37分

日本の古代史を研究されていた頃のブログを読んでいたものですが、時の首相を批判するためだけに人生の時間を費やすのはそろそろやめませんか?菅さんがやっても安倍さんがやっても、日本は決してメルトダウンしませぬよ。若い世代、子供たちが世代がちゃんと日本を世界を守らと思うので安心して天昇してくだされ。このような稚拙な文章はあなたの人間性に対する評価が下がるだけで残念でなりませぬ。

投稿: | 2018年10月20日 (土) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/74406969

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故の直接的責任と間接的責任/メルトダウン日本(57):

« 偽装国家の本領(11)地面師詐欺/メルトダウン日本(56) | トップページ | 火種の閣僚&自民党役員(3)片山さつき地方創生相/メルトダウン日本(58) »