« 偽装国家の本領(6)加計理事長再会見/メルトダウン日本(50) | トップページ | 敗者の戊辰戦争/幕末維新史(10) »

2018年10月 9日 (火)

エネルギー革命は電池から/技術論と文明論(113)

今年の受賞はならなかったが、ノーベル化学賞の有力候補にノミネートされているのが、リチウムイオン電池の吉野彰博士である。
吉野彰博士は、日本にノーベル賞に擬せられる「Japan Prize:日本国際賞」の受賞者である。
リチウムイオン電池の用途は、電気自動車(EV)向けがIT機器向けを上回っているという。
かつて電気はためられな いもの、と考えられていたが、近未来に数千万台に上ると予測されている電気自動車が蓄電の役割を担うと想定される。
そうすれば、電気の需給は劇的に変化するのだろう。
2018年4月 2日 (月) 吉野彰博士が日本国際賞受賞/知的生産の方法(174) 

エネルギー革命のきっかけはIT革命だった。
1995年のWindows95の発売は、様々な要素技術が結集する結節点だった。
そこから始まった「IT革命」は自動車産業を巻き込み、ついにトヨタ自動車とソフトバンクがジョイントベンチャーを設立するまでに至った。
1810052
日本経済新聞10月5日

東電福島第一原発を契機として、脱原発は喫緊の課題であることは多くの人の共通認識となっているが、期待されるのは「蓄電池」である。181008_7
東京新聞10月8日

可及的速やかに「脱原発」でまとまれば、自公政権は終わるのではないか。


|

« 偽装国家の本領(6)加計理事長再会見/メルトダウン日本(50) | トップページ | 敗者の戊辰戦争/幕末維新史(10) »

ニュース」カテゴリの記事

技術論と文明論」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/74353919

この記事へのトラックバック一覧です: エネルギー革命は電池から/技術論と文明論(113):

« 偽装国家の本領(6)加計理事長再会見/メルトダウン日本(50) | トップページ | 敗者の戊辰戦争/幕末維新史(10) »