« 高市早苗議運委員長の国会改革案/安部政権の命運(2) | トップページ | 世耕弘成経産相が教訓にすべきこと/安部政権の命運(3) »

2018年10月31日 (水)

自国第一主義の拡散と立ち込める暗雲/世界史の動向(66)

ブラジルで28日、現職テメル氏の任期満了に伴う大統領選の決選投票が実施され、ジャイル・ボルソナロ下院議員(63)が左派フェルナンド・アダジ元教育相(55)を破り、初当選を果たした。
ボルソナロ氏は、1955年ブラジル南部サンパウロ州カンピナス生まれで、1977年アグリャス・ネグラス陸軍士官学校を卒業した。
リオデジャネイロ市議を経て、1991~2018年下院議員を務めた。
軍事政権時代の称賛や差別的な言動など、過激な発言で「ブラジルのトランプ」と呼ばれている。
2181030
日本経済新聞10月30日

中国、ロシアなどと共に新興5カ国(BRICS)の一角を占める南米の大国ブラジルにもポピュリスト(大衆迎合政治家)の指導者が誕生することになる。
一方、ドイツではヘッセン州議会選挙での大敗の結果、メルケル首相が党首を辞任すると伝えられている。
2
東京新聞10月30日

ドイツはEUのかなめであるが、メルケルの与党党首辞任により、求心力は弱まるであろう。
世界的に中道退潮の様相である。
1810312
日本経済新聞10月31日

世界は対立の時代に入ったのだろうか?

|

« 高市早苗議運委員長の国会改革案/安部政権の命運(2) | トップページ | 世耕弘成経産相が教訓にすべきこと/安部政権の命運(3) »

ニュース」カテゴリの記事

世界史の動向」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/74508150

この記事へのトラックバック一覧です: 自国第一主義の拡散と立ち込める暗雲/世界史の動向(66):

« 高市早苗議運委員長の国会改革案/安部政権の命運(2) | トップページ | 世耕弘成経産相が教訓にすべきこと/安部政権の命運(3) »