« 安倍所信表明演説批判/アベノポリシーの危うさ(338) | トップページ | ミスター半導体・西澤潤一/追悼(132) »

2018年10月26日 (金)

明治礼賛という時代錯誤/アベノポリシーの危うさ(339)

明治150年を祝う式典が、10月23日開催された。
安倍首相が出席して式辞を述べた。
ところが、この「明治150年」式典に、明仁天皇と美智子皇后の姿はなかった。
佐藤栄作内閣時の「明治100年」の政府式典には昭和天皇と香淳皇后が出席しているし、そもそも150年前の改元の詔は、王政復古の大号令ののち明治天皇によって出されたものだ。
その末裔である今上天皇が、明治改元を祝う式典に参加しないというのは、不自然である。

安倍首相の式辞を見てみよう。

 我が国の近代化は、西洋に比べて、極めて短い期間に行われました。それまでの歴史の礎があっての飛躍であろうことを併せ考えたとしても、それを成し遂げた先人たちの底力、道半ばで倒れた方々も含め、人々にみなぎっていた、洋々たる活力、志の高さに驚嘆せずにはいられません。同時に、今を生きる私たちも、これを誇りに力強く歩んでいかなければならないと思います。
 来年は、約200年ぶりに天皇陛下が御退位され、皇位の継承が行われます。その翌年には、東京オリンピック・パラリンピックが開催され、世界中の人々が我が国を訪れ、世界の関心が日本に集まります。我が国は、正に、歴史の大きな転換点を迎えようとしています。
 私たちは、平成のその先の時代に向けて、明治の人々に倣い、どんな困難にもひるむことなく、未来を切り拓いてまいります。そして、平和で豊かな日本を、次の世代に引き渡していく、その決意を申し述べ、式辞といたします。

まあ常識的な見方かも知れないが、戦争被害者の慰霊を続けてこられた両陛下にすれば、侵略の反省の視点が欠けている安倍首相の歴史認識が相いれないものだと考えるべきだろう。
日本経済新聞は23日のコラム「春秋」で次のように書いている。181023_2

「維新の功臣、明治の賊将」の代表は「西郷どん」であろうか?
朝敵とされた会津等にしても実態は必ずしも朝敵とは言えない。
むしろ、首相が自慢する長州人は、無辜の庶民を蹂躙する乱暴狼藉集団だった性格が強い。

明治150年式典は盛り上がりに欠けたものだったが、「強い日本を取り戻す」などの空疎な言葉だけでは「国難」を克服することは難しいだろう。150181024
毎日新聞10月24日

|

« 安倍所信表明演説批判/アベノポリシーの危うさ(338) | トップページ | ミスター半導体・西澤潤一/追悼(132) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

アベノポリシーの危うさ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明治礼賛という時代錯誤/アベノポリシーの危うさ(339):

« 安倍所信表明演説批判/アベノポリシーの危うさ(338) | トップページ | ミスター半導体・西澤潤一/追悼(132) »