« 西日本豪雨禍と不誠実な政治屋たち/ABEXIT(70) | トップページ | 失態を直視せず誤魔化そうとする政権/ABEXIT(72) »

2018年7月11日 (水)

豪雨被害を拡大した「空白の66時間」/ABEXIT(71)

「平成30年7月豪雨」と命名された今回の西日本豪雨の被害が広がっている。
その大きな要因が初動の遅れであることは疑い得ない。
近年の大規模災害と比べて政府の初動が著しく遅いのである。66_2
【平成30年7月豪雨】政府の「空白の66時間」を視覚化

他の政党に比べ、政府・自民党の感覚は際立って鈍い。2

そのため初動の遅さを表す「空白の66時間」という言葉が生まれている。
具体的なタイムテーブルで示されている。66

【平成30年7月豪雨】政府の「空白の66時間」を視覚化

タイムテーブルに記されてもいるように、気象庁が異例の記者会見を開いて警戒を呼び掛けている最中、安倍首相をはじめとして政権幹部が参加して、「赤坂自民亭」と称する議員会館で自民党国会議員が「和気あいあい」と宴会を開いていた。
それをSNSで拡散してくれた。
2018年7月 8日 (日) 緊急事態にもかかわらず「赤坂自民亭」で大宴会/ABEXIT(68)
2018年7月10日 (火) 西日本豪雨禍と不誠実な政治屋たち/ABEXIT(70)

つまりこういうことだ。
66_3

さすがに自民党の中からも疑問視する声が上がっている。

 自民党の森山裕国会対策委員長は10日の記者会見で、記録的な大雨になる恐れがあると気象庁が発表した5日の夜、安倍晋三首相らが自民党議員の懇親会に出席したことについて「大雨や災害が予測される時は、できるだけ、そのようなことは慎んだ方がいい」と苦言を呈した。
 衆院議員宿舎で開かれた懇親会「赤坂自民亭」は、首相のほか、岸田文雄政調会長、竹下亘総務会長、小野寺五典防衛相らが出席。森山氏は出席していなかった。
 西村康稔官房副長官が5日夜、グラス片手に笑顔の集合写真を添え、「和気あいあいの中、若手議員も気さくな写真を取り放題!」とツイッターに投稿すると、ネット上で「この非常時に懇親会!」「中止に出来なかったのか?」と批判が広がった。
豪雨前の赤坂自民亭「慎んだ方がよかった」自民・森山氏

「慎んだ方がよかった」というレベルではない。
西村康稔官房副長官は安倍首相の最側近として知られ、なおかつ防災担当である。

被害拡大が懸念されていた5日の夜、西村官房副長官は安倍首相に迅速な対応を進言するでもなく、一緒に「赤坂自民亭」に参加。そして、安倍首相と岸田文雄・自民党政調会長の、あきらかに酒が入って陽気な様子のツーショットや、安倍首相を中心に参加者が乾杯ポーズで写った集合写真とともに、こんなツイートを投稿した。
〈参加した多くの議員は「(安倍総理が差し入れた)獺祭と(岸田政調会長が差し入れた)賀茂鶴とどっちを飲むんだ??」と聞かれ、一瞬戸惑いながらも、結局両方飲んでました。そして、お二人と写真を撮っていました笑笑 いいなあ自民党。〉
〈今日は、安倍総理、岸田政調会長、竹下総務会長が勢揃い。和気あいあいの中、若手議員も気さくな写真を取り放題!まさに自由民主党党。〉(原文ママ)
・・・・・・
この宴会写真と被災者の不安を無視した投稿には非難が殺到したためか、同日23時45分には〈地元秘書から、地元明石淡路の雨は、山を越えたとの報告を受けました。秘書、秘書官と随時連絡を取り合いながらの会でした〉とツイートしたのだ。
 官房副長官ともあろう者が、自分の選挙区のある地域にしか目を向けていないことを露呈させるとは、これだけでも酷い話だが、その明石市や淡路島にしても〈山を越えた〉というようなことはなく、その後、6~7日にかけて避難勧告が出され、淡路市にいたっては本日21時16分まで大雨、雷注意報が出されていた。つまり、自分が飲み会で浮かれていたのを打ち消すために、災害を矮小化するデマを流したのである。
 さらに、西村官房副長官は7日の関係閣僚会議において安倍首相が発言している写真と合わせて、〈これまでに経験したことのない記録的な雨量〉と投稿。未曾有の雨量だと認めているのに、この時点で非常災害対策本部がいまだ設置されていないのはどう考えてもおかしいのだが、西村官房副長官がそうした安倍首相の失策を指摘するはずもなく、ただ写真だけで「やっている感」を演出しようとしたのだ。
 しかも、問題はこのあと。西村官房副長官は、投稿文をこう締めくくっているのである。
〈現在、京都、岡山、広島、山口、愛媛、高知、福岡の各府県で自衛隊員約21,000名が人命救助など活動中。〉
 じつは、これもデマだった。実際、自衛隊の救助態勢について、8日の毎日新聞の朝刊は以下のように伝えている。
〈防衛省によると同日(注・7日)夕現在、京都、高知、福岡、広島、愛媛、岡山、山口の7府県からの災害派遣要請を受け、自衛隊は約600人態勢で、土砂崩れ現場での救助、孤立地域からの輸送、洪水対策などにあたっている。西日本の陸上自衛隊を中心に約2万1000人が救助要請などに即応できるよう待機している〉
 ようするに、実際に7日時点で救助などの活動に当たっていた自衛隊員は約600人に過ぎず、2万1000人は「待機」していただけだったのだ。それを西村官房副長官は、「約21,000名が人命救助など活動中」だとデマを喧伝したのである。
安倍首相の豪雨対策そっちのけ自民飲み会参加に非難轟々! 一緒に大はしゃぎの安倍側近は言い訳のためデマ拡散

さすがに安倍首相が見込んだ男である。
ウソ・出まかせの連発である。
安倍政権の大失態というコメントが使われているが、本質の露呈と考えるべきであろう。

|

« 西日本豪雨禍と不誠実な政治屋たち/ABEXIT(70) | トップページ | 失態を直視せず誤魔化そうとする政権/ABEXIT(72) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

ABEXIT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/73839329

この記事へのトラックバック一覧です: 豪雨被害を拡大した「空白の66時間」/ABEXIT(71):

« 西日本豪雨禍と不誠実な政治屋たち/ABEXIT(70) | トップページ | 失態を直視せず誤魔化そうとする政権/ABEXIT(72) »