« 世界的な猛暑の原因/技術論と文明論(103) | トップページ | 処刑された豊田亨と伊東乾氏の友情/人間の理解(21) »

2018年7月28日 (土)

異例の経路をたどる台風12号/技術論と文明論(104)

台風12号の進路が異例だ。
当初から東海沖を進む寒冷渦との相互作用で、28日(土)になると西よりに進路を変えると見られていたが、進路を変える位置が次第に比べると南にシフトし、東海沖から紀伊半島、西日本方面を通過するルートと予想を変えてきた。Photo_2
台風12号、西へ進む異例の逆走 高気圧と寒冷渦で複雑化

このまま進めば西日本豪雨被災地を再び直撃することが予想される。12
台風12号 東海に上陸の恐れ 警戒期間

通常はは日本の南の海上に太平洋高気圧が張り出すため、その北側を吹く西よりの風や、ジェット気流と呼ばれる上空の強い西風に流され、日本付近では北東方向に進む。
2016年8月の台風10号も、太平洋側から上陸するという珍しいルートを辿った。Photo_3
台風10号 史上初ルートで本州接近・上陸へ

台風10号は、東日本に接近すると、寒冷渦の反時計回りの風に乗ったことが原因だった。
Photo_4
台風10号 史上初ルートで本州接近・上陸へ
2016年8月28日 (日) 台風10号の経路と狩野川台風/戦後史断章(25)

2016年の10号や今度の12号は、珍しい進路であるが、頻発する異常気象と関係があるかどうかはデータを積み重ねて判断すべきだろう。
大きな災害にならないことを祈るばかりである。

|

« 世界的な猛暑の原因/技術論と文明論(103) | トップページ | 処刑された豊田亨と伊東乾氏の友情/人間の理解(21) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

技術論と文明論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 異例の経路をたどる台風12号/技術論と文明論(104):

« 世界的な猛暑の原因/技術論と文明論(103) | トップページ | 処刑された豊田亨と伊東乾氏の友情/人間の理解(21) »