« 加計学園が、県・市にウソの説明?/ABEXIT(37) | トップページ | 「ウソつき」の競演/ABEXIT(39) »

2018年5月30日 (水)

加計理事長を証人喚問するしかない/ABEXIT(38)

「加計疑惑」とは何だったのか?
加計孝太郎という首相の長年の友人が経営する学校法人が新設する獣医学部が、「国家戦略特区」という枠組みの中で、政権から支援を受けて開学に至った。
それでは獣医学部開設に至るプロセスは、首相の言うように「一点の曇りがない」のか?

国家戦略特区の申請者は「地方自治体」であり、自治体が主体となって特区申請を行い、それが認められた場合に、事業者を選定するということになっているので、当然のことながら、愛媛県には文書記録が残っている。Photo_2
加計問題、今度の「新文書」がヤバすぎるワケ

そこに、「首相が、加計理事長と会って説明を聞き、獣医学部はいいね」と言ったと記されていた。
2018年5月22日 (火) 愛媛県が決定的な証拠を提示/ABEXIT(30)

しかし、安倍首相は、「愛媛県文書は、伝聞の伝聞であり、記載されている面会の事実はない」と明言した。
2018年5月25日 (金) 愛媛県文書否定の挙証責任/ABEXIT(33)

そして、首相の言葉を裏付けるかのように、加計学園は、「獣医学部はいいね」という首相の言葉は架空のものだったと「自白」している。
しかも報道機関に一方的に通知した。
Ws000009
加計学園がコメント発表 「誤った情報を与えた」

しかし、寝耳に水の当事者の愛媛県知事は、説明がないと立腹の様子である。Photo

中村知事はもともと獣医学部構想に懐疑的だったようだ。
1804190
「週刊文春」2018年4月19日号

また愛媛県文書には柳瀬秘書官の「本件は首相案件」という言葉も記録されている。1804193_2
同上

柳瀬氏は記憶ないとしているが、柳瀬氏の「記憶」は当てにならない。
1805122
東京新聞5月12日

柳瀬氏は愛媛県や今治市の名刺はないと証言している。
しかし、こういう場合、名刺は交換するだろうと思う。
事実、柳瀬氏の名刺は愛媛県職員が保管しており、それが公開された。
2018年5月11日 (金) 疑惑は「言い逃れ」「開き直り」で良しなのか?/ABEXIT(22)

安倍首相の言葉をフォローする意図であろうが、俯瞰的に見ればかなり危うい感じがする加計学園の対応である。
何が危ういかは改めて検討したいが、日大アメフトぶ記者会見が、「危機管理学部」を擁する大学ということで話題になっている。
Photo_3

千葉科学大について次のように言われている。Photo_4

今治市は、タオルのブランドで有名だが、これから尻拭いで大変だろう。
それにしても見苦しいことだ。
下手な三文芝居以下であり、早急に幕を下ろすべきだ。

|

« 加計学園が、県・市にウソの説明?/ABEXIT(37) | トップページ | 「ウソつき」の競演/ABEXIT(39) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

ABEXIT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加計理事長を証人喚問するしかない/ABEXIT(38):

« 加計学園が、県・市にウソの説明?/ABEXIT(37) | トップページ | 「ウソつき」の競演/ABEXIT(39) »