« 算数は知的好奇心のエンジン/知的生産の方法(175) | トップページ | 「緑のタヌキ」の化けの皮/人間の理解(20) »

2018年5月 3日 (木)

柳瀬氏が加計学園関係者との面会認める?/ABEXIT(18)

これは驚いた。
加計学園の獣医学部新設をめぐって、愛媛県の関係者らと面会した記録を突き付けられても、「記憶の鍵ではない」と否定していた柳瀬元総理秘書官が、加計学園関係者との面会を国会答弁で認める方向だという。
政府与党が国会正常化のため「調整」を始めたと報道されている。
Ws000000
 国会は、加計学園問題や財務省の前次官のセクハラ疑惑などに野党6党が反発し、審議に応じない不正常な状態が続いています。このため、与党側は事態の打開のため、連休明けに柳瀬元総理秘書官を参考人招致することを野党側に提案する方向で調整に入りました。
 ある与党幹部は、柳瀬氏は「『加計学園関係者と会ったことはあるか』とは質問されていない」などと、柳瀬氏が加計学園関係者との面会を認める可能性を示唆しています。
 政府与党は「働き方改革関連法案」などの重要法案の審議を速やかに進めるため、柳瀬氏が参考人質疑で加計学園関係者との面会を認めることで、国会の正常化を図りたい考えです。
 これに対し、立憲民主党の辻元国対委員長は、記者団に次のように答えました。
 「一歩前進だと思うんですよ。柳瀬氏が認める方向ということが事実であるならば、放っといたら、何もうやむやにしたまま終わってきたと思うんですけど、一歩ずつ前進だと思います」(立憲民主党 辻元清美国対委員長)
 国会では2日、「働き方改革関連法案」の本格審議が始まりましたが、主な野党は欠席した状態で審議が行われています。

「会ったか、会わないか」は事実の問題である。
それを、他人である与党が、何で「調性」するのか?
しかも、参考人招致はするが証人喚問ではない、という。
Photo

そもそも柳瀬氏が面会の事実を否定しなければならなかったのは、「首相案件」と口にしたことを認めるわけにはいかなかっただろう。
Photo_2

柳瀬氏は面談の事実さえ認めなかったのだ。
1805032
東京新聞5月3日

この柳瀬氏の発言のため、関係者も芋づる式に否定しなければならなくなった。
Photo_3

全員を証人喚問すべきだろう。
野党も安易な妥協をすると、後世に汚点を残すことになる。

|

« 算数は知的好奇心のエンジン/知的生産の方法(175) | トップページ | 「緑のタヌキ」の化けの皮/人間の理解(20) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

ABEXIT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/73418933

この記事へのトラックバック一覧です: 柳瀬氏が加計学園関係者との面会認める?/ABEXIT(18):

« 算数は知的好奇心のエンジン/知的生産の方法(175) | トップページ | 「緑のタヌキ」の化けの皮/人間の理解(20) »