« 昭惠夫人を国会に呼ぶのは“劣情”か?/公文書管理(6) | トップページ | 「加計疑惑」について「首相案件」という面談記録/公文書管理(8) »

2018年4月10日 (火)

財務省主導の口裏合わせ/公文書管理(7)

森友学園への国有地売却問題をめぐり、財務省の太田理財局長が、口裏合わせ(ゴミの撤去費用に関する虚偽説明)を、財務省職員から森友学園側の弁護士に求めていたことを認めた。
180410
東京新聞4月10日

各紙もトップで報じている。
Photo_3

籠池氏の思想・考え方には賛同できないが、真実を述べていたのは籠池氏側だったことが明確になったわけである。

Photo

口裏合わせに籠池氏が応じないと、安倍首相は態度を一変させた。

Photo_2
安倍首相は、自分の言ったウソと真実の区別がつかなくなっているのであろう。
結局、首相が「自分や妻が関係しているならば辞職する」と言ったことが事態を大きくしたのだ。
下記の写真を現時点で見れば、普通なら恥ずかしくて即刻自認するだろう。8201703071016
【これは酷い】安倍総理「森友学園8億円値引きは適切」「ゴミがあるんだから当然」

一緒に映っている世耕経産相のバカげた顔もよく記憶しておこう。
理非を弁えない首相夫妻に振り回された人は、気の毒と言うべきか、自業自得と言うべきか。

A

菅、佐川、大田は共同正犯であるが、主犯はもちろん安倍夫妻と言うべきである。
西田昌司というアベ腰ぎんちゃくは、見え透いた茶番を演じてみせたが、誰も信じはしない。
Photo_4

|

« 昭惠夫人を国会に呼ぶのは“劣情”か?/公文書管理(6) | トップページ | 「加計疑惑」について「首相案件」という面談記録/公文書管理(8) »

ニュース」カテゴリの記事

公文書管理」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/73267275

この記事へのトラックバック一覧です: 財務省主導の口裏合わせ/公文書管理(7):

« 昭惠夫人を国会に呼ぶのは“劣情”か?/公文書管理(6) | トップページ | 「加計疑惑」について「首相案件」という面談記録/公文書管理(8) »