« 麻生財務相の品格を疑う/ABEXIT(14) | トップページ | 蚊帳の外に這い出た蚊のような安倍外交/ABEXIT(15) »

2018年4月28日 (土)

歴史の歯車は回ったか?/世界史の動向(60)

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅大統領は27日、約70年に及ぶ両国の戦争状態を年内に終結させることで合意した。
朝鮮半島の「完全な非核化」を目指すことにも同意した。
1804282
東京新聞4月28日

もちろん楽観は許されないが、止まっていた歯車が動き出したと言えよう。
文大統領と金主席は対照的な存在だ。
Vs180426
東京新聞4月26日

しかし、同一民族意識があってこそであろう。
私はテレビで下記のような映像を見て、計算されつくしているとは思ったが、それでも歴史が動いたことを実感した。
Photo
南北首脳:戦争終結へ、完全な非核化目指す-歴史的な「板門店宣言」

この事態に、日本は完全に置いて行かれている。
最重要課題と言い続けてきた拉致問題さえ、トランプ大統領頼みという外交方針のお粗末さ・脆弱さが露呈したのである。
2018年4月23日 (月) 北朝鮮情勢と拉致問題のアメリカ頼み/世界史の動向(59)

残念ながら以下のようなことだろう。
Photo_2

頼みのトランプ大統領も、中国の習金平主席には感謝の意を表明しても、安倍首相のことは一顧だにしていない。
Photo_3

にもかかわらず、自民党(与党)および政府にはその認識がないようだ。
Photo_4

「皆様のNHK」の岩田明子氏は、安倍首相と親しいことがウリになっているが、こんな解説だ。
Nhk

もちろんNHKの解説を鵜呑みにする人だけではないが、影響は大きいだろうなあ。
Nhk_2

もちろん、テレビの解説でも岩田さんはむしろ特異であろう。
ニュースステーションの星浩氏などは、歴史を踏まえた解説をしている。
Photo_5

NHKの受信料を払い続けるべきか、思案の時期かもしれない。

|

« 麻生財務相の品格を疑う/ABEXIT(14) | トップページ | 蚊帳の外に這い出た蚊のような安倍外交/ABEXIT(15) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

世界史の動向」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史の歯車は回ったか?/世界史の動向(60):

« 麻生財務相の品格を疑う/ABEXIT(14) | トップページ | 蚊帳の外に這い出た蚊のような安倍外交/ABEXIT(15) »