« 歴史の歯車は回ったか?/世界史の動向(60) | トップページ | セクハラと拉致と人権に向き合う姿勢/ABEXIT(16) »

2018年4月29日 (日)

蚊帳の外に這い出た蚊のような安倍外交/ABEXIT(15)

韓国と北朝鮮の歴史的な首脳会談に関して、隣国である日本が「蚊帳の外」に置かれたいた印象は否めない。
実際、日本だけが圏外にいたのである。

Photo_4
北朝鮮が突然発表した大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射や核実験の中止は、日本では寝耳に水だった。だが欧州は、驚かなかった。かなり前から「核凍結」という感触をつかんでいたからだ。
いずれにせよ北朝鮮問題に欧州が深くかかわるようになったのは確かだ。ポーランドやチェコ、スウェーデン、それにスイス。6月にも開かれるとされる米朝首脳会談の候補地には欧州の名前もあがる。
 そんな欧州から日本の北朝鮮政策はどう見えるのか。「北朝鮮を取り巻く5カ国(米中ロ日韓)のうち、最も影響力がないのが日本。交渉の主導権も握れていないのに外交対話から距離を置けば、ますます置き去りにされる」。アジアをよく知るEU外交筋の指摘である。
【世界的に蚊帳の外】スエーデン、ポーランド、ドイツなど欧州各国が、朝鮮半島の緊張緩和のため水面下で動いていたことが判明!EU外交筋「最も影響力がないのが日本」

もちろん、安倍追従的自民党議員はいる。
Photo_6

「井の中の蛙」というべきであろうか。
Photo_7

明らかに、外界と遮断されたガラパゴスで変異したような思考なのだ。
Photo_8

たまたま柴山氏に対するRTを引用したが、基本的に安倍首相を支えるメンタリティは、大音声で威嚇するように軍歌を流す右翼街宣車と同じである。
Photo_9

それにしても滑稽なのは、「蚊帳の外では?」と問われ「蚊帳の外ではない」と答えた安倍首相の言葉が見出しになっていたことである。Photo_11

2

さすがにこの見出しは修正されたようである。2_2

|

« 歴史の歯車は回ったか?/世界史の動向(60) | トップページ | セクハラと拉致と人権に向き合う姿勢/ABEXIT(16) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

ABEXIT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蚊帳の外に這い出た蚊のような安倍外交/ABEXIT(15):

« 歴史の歯車は回ったか?/世界史の動向(60) | トップページ | セクハラと拉致と人権に向き合う姿勢/ABEXIT(16) »