« 「加計疑惑」に関する首相の虚偽答弁/ABEXIT(1) | トップページ | 「道義的責任」という花道を用意し始めた自民党/ABEXIT(3) »

2018年4月13日 (金)

読売新聞からも三下り半を突き付けられた政権/ABEXIT(2)

安倍首相が「良く読んで・・・」と言っていた読売新聞も、とうとう見切ったということか。
愛媛県等と柳瀬秘書官等が「面会したかしないか」で、県と官邸が真っ向から対立している。
1804122_3
東京新聞4月12日

安倍首相はこれを「を水掛け論」と言っているが、一方は「記録」であり、他方は「記憶の限りでは」であるから、話にならない。
読売新聞が面談の参加者の1人からウラを取ったと報じた。

学校法人「加計かけ学園」の愛媛県今治市での獣医学部新設を巡り、県や市の職員らが2015年4月に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と面会したとする記録文書に関連し、出席者の一人が読売新聞の取材に、柳瀬氏との面会について「間違いない」と証言し、柳瀬氏から「首相案件」との言葉があったことも認めた。
・・・・・・
 この出席者によると、15年4月2日に首相官邸で行われた面会には、県と今治市の職員、加計学園の職員らが参加。県職員が作成した記録文書の通り、柳瀬氏から「首相案件」との発言があったとし、「どういう意図でその言葉を使ったかは推し量りかねるが、(獣医学部新設に)前向きだと受け止めた」と語った。柳瀬氏が面会を認めていないことについては、「述べる立場にはない」と話すにとどめた。
「首相案件、柳瀬氏が発言」面会の1人が証言

朝日新聞がスクープを独走している感があるが、リーク先が朝日新聞に集中しているという見方もできる。
理由はどうあれ、駅の売店等の新聞の売れ行きは、「朝日>東京>その他」のようだ、
Photo_2

朝日新聞に次いで東京新聞が売れているのは、やはりスクープであろう。
Photo

具体的には以下の記事であろう。1804122

そしてついに読売新聞も、である。
Photo

さて、産経新聞は孤塁を守るのか?

|

« 「加計疑惑」に関する首相の虚偽答弁/ABEXIT(1) | トップページ | 「道義的責任」という花道を用意し始めた自民党/ABEXIT(3) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

ABEXIT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/73288244

この記事へのトラックバック一覧です: 読売新聞からも三下り半を突き付けられた政権/ABEXIT(2):

« 「加計疑惑」に関する首相の虚偽答弁/ABEXIT(1) | トップページ | 「道義的責任」という花道を用意し始めた自民党/ABEXIT(3) »