« 蚊帳の外に這い出た蚊のような安倍外交/ABEXIT(15) | トップページ | 政府の不祥事連発と国会の混乱/ABEXIT(17) »

2018年4月30日 (月)

セクハラと拉致と人権に向き合う姿勢/ABEXIT(16)

財務省の福田次官に対する処分が決まった。
退職金の減額であるが、全体から見れば「スズメの涙」と言うものだろう。
それが処分なのだろうか?
財務省の感覚を疑う。
Photo_2

財務省は未だに問題の本質を理解していない。
要は「人権感覚」が鈍いのだ。
安倍首相が「拉致問題は日本人人権にかかわる最重要課題」と言いながら、自分は行動を起こさないでトランプ頼みしか方策がないのと同じことである。Photo_3

それを自分が「司令塔」だなんて言うのだから、滑稽であるばかりでなく成果を期待すべくもない。
1804252
東京新聞4月25日

トップが動けば打開できる局面はある。
Photo_2

それにしても、この期に及んでも訪イスラエルを優先する間の悪さ。
Photo

拉致最優先、安全保障環境の脅威などと北を利用してきたから、今さら路線変更は難しいのか?
ニューヨークタイムズの以下のように風刺されることになる。
Nyt

|

« 蚊帳の外に這い出た蚊のような安倍外交/ABEXIT(15) | トップページ | 政府の不祥事連発と国会の混乱/ABEXIT(17) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

ABEXIT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セクハラと拉致と人権に向き合う姿勢/ABEXIT(16):

« 蚊帳の外に這い出た蚊のような安倍外交/ABEXIT(15) | トップページ | 政府の不祥事連発と国会の混乱/ABEXIT(17) »