« 安倍VS朝日の最終戦争(2)/日本の針路(387) | トップページ | 安倍VS朝日の最終戦争(4)/日本の針路(389) »

2018年3月 7日 (水)

安倍VS朝日の最終戦争(3)/日本の針路(388)

安倍首相は、よほどヤバイという自覚があるようだ。
でなければ、籠池前理事長の長期未決勾留の理由が分からない。
劣悪な環境下に留置することによって精神状態に異常を来すのを待っているという説が流れている。
小林多喜二を拷問死させた治安維持法と同じである。
法治国家と言えるのだろうか?
1803072
東京新聞3月7日

財務省も、改竄が疑われる文書についての国会の要請に対して、捜査中を理由にゼロ回答である。
1803072_2
東京新聞3月7日

大阪の近畿財務局に出向いた国会議員団に対しても、けんもほろろの対応だったようだ。
Photo

公文書改竄だとすれば、それこそ共謀罪の適用であろう。
最初の適用が、首相自身というのは余りにもブラックである。
仮定・想定の質問には答えられないと木で鼻を括ったような答弁をしていたが、立法の過程で、仮定・想定の質問はつきものではないのか。
Photo_2

|

« 安倍VS朝日の最終戦争(2)/日本の針路(387) | トップページ | 安倍VS朝日の最終戦争(4)/日本の針路(389) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

日本の針路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/73059928

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍VS朝日の最終戦争(3)/日本の針路(388):

« 安倍VS朝日の最終戦争(2)/日本の針路(387) | トップページ | 安倍VS朝日の最終戦争(4)/日本の針路(389) »