« 何のための「働き方改革」なのか(8)/日本の針路(383) | トップページ | 森友疑惑(68)財務省が文書改竄?/アベノポリシーの危うさ(337) »

2018年3月 2日 (金)

何のための「働き方改革」なのか(9)/日本の針路(384)

安倍首相が裁量労働制の今国会での審議を断念したことを受けて、経団連等の経済界からは「残念だ」という声が相次いだ。
Photo_2

何のための「働き方改革」かが分かるというものだろう。
しかも、安倍首相は、過労死の遺族が審議を見守る中で、玉木雄一郎議員に質問の最中にヘラヘラ笑っていた。
2

確かに、満州国を支配した岸信介の血だろう。
⇒2012年12月24日 (月)  エリート官僚としての岸信介/満州「国」論(13)

裁量労働制は断念に追い込んだが、次は高度プロフェッショナル制である。
⇒2018年3月 1日 (木)  何のための「働き方改革」なのか(8)/日本の針路(383)
1803022
東京新聞3月2日

俗に「定額働かせ放題」制度とも言われる。
働く人間に焦点を合わせないと、制度改変がトンデモない悪い形で運用される可能性がある。

|

« 何のための「働き方改革」なのか(8)/日本の針路(383) | トップページ | 森友疑惑(68)財務省が文書改竄?/アベノポリシーの危うさ(337) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

日本の針路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/73027778

この記事へのトラックバック一覧です: 何のための「働き方改革」なのか(9)/日本の針路(384):

« 何のための「働き方改革」なのか(8)/日本の針路(383) | トップページ | 森友疑惑(68)財務省が文書改竄?/アベノポリシーの危うさ(337) »