« 琉球処分/幕末維新史(7) | トップページ | 仮想通貨の時価とは何か?/技術論と文明論(94) »

2018年2月 7日 (水)

世界を覆うカジノ資本主義現象/日本の針路(368)

株式市場が波乱状態だ。
なりふり構わず高株価の維持に資金を投じてきた安倍政権によって、日本市場でも株価は順調に推移してきた。
Ws000000
日経平均チャート2年の推移

NY株式市場の暴落から始まった全世界的な市場の変調に否応なく日本市場も巻き込まれた。
終値ベースで2月5日に23,486円を付けてた日経平均株価は、今日まで23,274→22,682→21,610→21,645と推移している。
昨日の1,000円を超す低落が、今日どの程度回復するかと思ったが、一時700円を超えて上がったが、結果的にはわずかに35円に留まった。
Ws000001
2月7日日経平均株価

この株価波乱が、ごく短期的に収束するのか、実体経済にダメージを与えるかは予測できない。
しかし、「カジノ資本主義」そのもののように思える。
「カジノ資本主義」という概念は、英国の国際政治経済学者、S..ストレンジが、投機的な国際金融取引が短期の利得を目指して、活発になった減少を指して使った。
Photo
カジノ資本主義―国際金融恐慌の政治経済学

仮想通貨では、コインチェックの流出事件もあった。
⇒2018年1月28日 (日) コインチェックから仮想通貨が580億円分不正流出/技術論と文明論(91)

仮想通貨は、価値の媒体にはなり得るかもしれないが、それ自体は価値を生むものではないだろう。
それが投機の対象として乱高下しているのも、まさにカジノそのものであろう。
Facebookは仮想通貨の広告を載せないことにした。
1802012
東京新聞2月1日

勤勉の精神を失った資本主義は虚しい。

|

« 琉球処分/幕末維新史(7) | トップページ | 仮想通貨の時価とは何か?/技術論と文明論(94) »

思考技術」カテゴリの記事

日本の針路」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/72868030

この記事へのトラックバック一覧です: 世界を覆うカジノ資本主義現象/日本の針路(368):

« 琉球処分/幕末維新史(7) | トップページ | 仮想通貨の時価とは何か?/技術論と文明論(94) »