« 何のための「働き方改革」なのか(4)/日本の針路(379) | トップページ | 何のための「働き方改革」なのか(6)/日本の針路(381) »

2018年2月26日 (月)

何のための「働き方改革」なのか(5)/日本の針路(380)

国会の「働き方改革」論議が紛糾している。
この問題は、直接には厚労省のずさんなデータ管理にあるが、根本には、「働き方改革」の目的の取り違えにあると考える。
つまり、何のために働き方を改革するのか、ということである。
⇒2018年2月24日 (土) 何のための「働き方改革」なのか(3)/日本の針路(378)

問題になっているのは「裁量労働制」についてである。
厚労省は、一般労働者より裁量労働制の労働者の労働時間が短いというデータを出し、安倍首相がそれに乗って、国会答弁をした。
数字をベースにすると正確な議論のように見えるが、数字の取り扱いには細心の注意が必要である。
⇒2018年1月 7日 (日)  シンプソンのパラドックス/知的生産の方法(168)

厚労省は、知ってか知らずにか分からないが、「シンプソンのパラドックス」というような高等の話ではない。
不自然な異常値を元に、しかも比べるべきでないような比較をしていた。
1802242
東京新聞2月24日

そして、こんな不自然さは、裁量労働制を取り入れているとされる労働の現場を少しでも知っていれば、当然おかしいと思うべきなのである。
1802202
東京新聞2月20日

安倍首相は「データを撤回したのではなく、データに基づいておこなった答弁を撤回しただけ。だからデータは撤回しない」などと意味不明な弁明をしている。
「働き方改革」が、労働者の労働環境の改革ではなく、国の成長戦略の一部品であるのならば、そんな政策は一から出直すべきなのだ。

|

« 何のための「働き方改革」なのか(4)/日本の針路(379) | トップページ | 何のための「働き方改革」なのか(6)/日本の針路(381) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

日本の針路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/72994254

この記事へのトラックバック一覧です: 何のための「働き方改革」なのか(5)/日本の針路(380):

« 何のための「働き方改革」なのか(4)/日本の針路(379) | トップページ | 何のための「働き方改革」なのか(6)/日本の針路(381) »