« 何のための「働き方改革」なのか(5)/日本の針路(380) | トップページ | 何のための「働き方改革」なのか(7)/日本の針路(382) »

2018年2月27日 (火)

何のための「働き方改革」なのか(6)/日本の針路(381)

働き方改革関連法案をめぐり、労働時間の調査に不備が相次いで発覚している問題で、加藤勝信厚労相は26日、調査データの中に233件の「異常値」が新たに見つかったことを明らかにした。
この「不適切データ」問題の経緯は以下のようである。
1802272
東京新聞2月27日

データが「不適切」だったとすれば、それに基づいて行った判断も「不適切」である可能性が高いことは、「空-雨-傘」のフレームからしても論理的必然である。
⇒2018年2月20日 (火)  何のための「働き方改革」なのか(2)/日本の針路(377)

しかし、安倍首相は「答弁は撤回するが、データは精査中であるから撤回しない」と詭弁を弄している。
時間切れによる強行採決狙いだと考えざるを得ないだろう。
180226
東京新聞2月26日

厚労省には「厚生」も「労働」がなく、あるのは「忖度」だけであろうか。
安倍首相は、玉木雄一郎氏の質問をヘラヘラ笑って聞いていた。
さすがにこの態度は、中継を見ていた視聴者の多くが「ヒドイ」と思ったようである。
そもそも「働き方」は過労死という命に関わる問題が発端だったはずである。
Photo

ここに政権と経団連の本質を見ることができる。

|

« 何のための「働き方改革」なのか(5)/日本の針路(380) | トップページ | 何のための「働き方改革」なのか(7)/日本の針路(382) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

日本の針路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/73008110

この記事へのトラックバック一覧です: 何のための「働き方改革」なのか(6)/日本の針路(381):

« 何のための「働き方改革」なのか(5)/日本の針路(380) | トップページ | 何のための「働き方改革」なのか(7)/日本の針路(382) »