« 森友疑惑(63)原点としての国有地売却/アベノポリシーの危うさ(334) | トップページ | 京大IPS研の不正事件で芽を摘むな/日本の針路(366) »

2018年1月24日 (水)

火山列島でどう生きるか?(続)/日本の針路(366)

また、鳴りを潜めていた火山が牙を剥いた。
群馬県の草津白根山である。

 気象庁は23日、草津白根山(群馬、長野県境)の本(もと)白根山が噴火したと発表した。同庁によると、同日午前10時ごろに鏡池付近で発生した。本白根山での噴火は約3000年ぶり。群馬県などによると、鏡池から数百メートルの草津国際スキー場(同県草津町)に噴石が落下し、スキー場で訓練中だった陸上自衛隊の男性陸曹長(49)が死亡、隊員7人とスキー客4人の計11人が重軽傷を負った。スキー場の山頂付近に外国人客19人を含む約80人が取り残されたが、全員が自衛隊などに救助された。
草津白根山噴火噴石で陸自隊員1人死亡 11人重軽傷

火山噴火の被害としては、2014年の御嶽山の記憶が生々しい。
2014年10月 1日 (水) 火山列島でどう生きるか?/日本の針路(47)

また2016年の熊本・大分地震の際は、石黒耀『死都日本』を連想した。
2016年4月15日 (金) 熊本の地震と『死都日本』のメッセージ/技術論と文明論(48)
2016年4月27日 (水) 石黒耀『死都日本』/私撰アンソロジー(43)

草津白根山は、常時観測火山に指定され、気象庁が24時間体制で監視している。
東京工業大も火山観測所を草津町に置いている。
 
それでも今回、事前に警告を発することはできなかったのである。
1801243
東京新聞1月24日

火山列島には原発適地はないという前提で考えるべきである。
その意味で、伊方原発に対する広島高裁の判断は画期的であった。
2017年12月14日 (木) 伊方原発に高裁が停止命令/技術論と文明論(82)

そもそも電源パラダイムは、原発から自然エネルギーにシフトしているのである。
2017年12月28日 (木) 電源パラダイムと原発の不良資産化/技術論と文明論(85)

安倍政権のスタンスでは、日本が後れを取ることが目に見えている。

|

« 森友疑惑(63)原点としての国有地売却/アベノポリシーの危うさ(334) | トップページ | 京大IPS研の不正事件で芽を摘むな/日本の針路(366) »

ニュース」カテゴリの記事

日本の針路」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/72764170

この記事へのトラックバック一覧です: 火山列島でどう生きるか?(続)/日本の針路(366):

« 森友疑惑(63)原点としての国有地売却/アベノポリシーの危うさ(334) | トップページ | 京大IPS研の不正事件で芽を摘むな/日本の針路(366) »