« 西郷隆盛のイメージ/幕末維新史(4) | トップページ | 阪神淡路大震災の日に/技術論と文明論(90) »

2018年1月16日 (火)

安倍首相が「ICAN」との面会拒否/日本の針路(365)

昨年のノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)事務局長で来日中のベアトリス・フィン氏が、安倍晋三首相との面会を政府に求めたが、日程を理由に断られた。

Ws000001 首相は東欧を歴訪中で17日に帰国の予定。12日に来日したフィン氏は16、17日と東京に滞在し、18日に日本を離れる。フィン氏は15日、広島市内で原爆資料館を見学後、報道陣に「他国の指導者たちとは面会できたこともあり大変残念。特に日本は(被爆という)独自の経験があり、首相や日本政府の方々と話をしたいと思っていた。次の機会に期待している」と語った。
 一方、菅義偉官房長官は同日、記者会見で「日程の都合上難しいということで、それ以上でもそれ以下でもない」と語った。ICANはフィン氏が東京滞在中に首相と面会できるよう、内閣府へ昨年12月以降、文書で2度要請していた。
 なお、安倍首相と海外のノーベル賞受賞者の面会は、2014年のポール・クルーグマン氏、15年のロバート・マートン氏、16年のジョセフ・スティグリッツ氏(いずれも経済学者)の例がある。
 核兵器禁止条約は核兵器の使用、開発、実験、製造、保有や、核抑止力の根幹である威嚇を禁じ、国連で昨年7月、122カ国の賛成多数で採択された。米国の「核の傘」の下にいる日本は交渉に参加しなかった。
 東京大の西崎文子教授(外交史)は「日本政府も最終目標は核兵器廃絶と主張しており、ノーベル平和賞受賞者に敬意をもって応じるのが筋。考えが相いれない団体にも耳を傾ける姿勢は政権の評価を高めたはずで、残念な判断だ」と話す。
ICAN事務局長来日 安倍首相、なぜ会わぬ 

芸能人やマスコミ幹部との会食がしばしば報道されており、以下のような見方があるのは当然であろう。

I_can

「調整困難」というのは事実上の面会拒否である。
口では「唯一の被爆国」などと言うものの、核兵器廃絶に取り組む意思のないことの表明であろう。
共同通信は「ICAN]にかけて、「No I can't」と安倍首相を皮肉った。
I_can_2

安倍首相の存在はもはや「世界の非常識」ではなかろうか。

|

« 西郷隆盛のイメージ/幕末維新史(4) | トップページ | 阪神淡路大震災の日に/技術論と文明論(90) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

日本の針路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/72705839

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相が「ICAN」との面会拒否/日本の針路(365):

« 西郷隆盛のイメージ/幕末維新史(4) | トップページ | 阪神淡路大震災の日に/技術論と文明論(90) »