« 電源パラダイムと原発の不良資産化/技術論と文明論(85) | トップページ | マルチ商法と安倍首相周辺の怪しい関係/アベノポリシーの危うさ(333) »

2017年12月29日 (金)

原発稼働と核ゴミ処理/技術論と文明論(86)

原子力規制委が、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(柏崎市、刈羽村)が適合性審査に合格したと発表した。
しかし、米山隆一知事は3~4年を見込む福島第1原発事故をめぐる新潟県独自の検証が終わるまで、再稼働の議論には入らないとの姿勢を堅持している。
当然であろう。
適合性審査合格は必要条件であるに過ぎない。
必要条件は、必須条件と訳した方がニュアンスがはっきりする。
最低限の条件である。
⇒2017年12月28日 (木) 電源パラダイムと原発の不良資産化/技術論と文明論(85)

必要性と必要条件はまったく異なるのだが、意識的に混同しているようなフシも感じられる。
また原発推進派は、稼働していてもしていなくてもリスクは同じ、などと主張する。
稼働すれば、核ゴミが発生するのだから、同じであるわけがない。

核ゴミの問題が解決しない限り、原発再稼働をさせるべきではない。
核ゴミすなわち放射性廃棄物 radioactive waste)とは、使用済みの放射性物質及び放射性物質で汚染されたもので、以後の使用の予定が無く廃棄されるものを言う。
約10万年の期間、生活圏から遠ざけておくことが必要であるが、それを保証すると言えば、いかに無責任かが分かるだろう。
171225
東京新聞12月25日

核ゴミを積極的に受け入れる自治体がないのは当然であろう。
こともあろうに、この核ゴミ処分の説明会に、謝礼を払って学生等を動員していたことが分かった。
まるでドラマのエキストラでも集めるかのような感覚である。
1712292
東京新聞12月29日

元請けは電通である。
私は、電通の優れたマーケッターやクリエイターと付き合いがあったが、会社としての電通は、明らかに曲がり角に立っている。

|

« 電源パラダイムと原発の不良資産化/技術論と文明論(85) | トップページ | マルチ商法と安倍首相周辺の怪しい関係/アベノポリシーの危うさ(333) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

技術論と文明論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/72572000

この記事へのトラックバック一覧です: 原発稼働と核ゴミ処理/技術論と文明論(86):

« 電源パラダイムと原発の不良資産化/技術論と文明論(85) | トップページ | マルチ商法と安倍首相周辺の怪しい関係/アベノポリシーの危うさ(333) »