« 森友疑惑(56)会計検査院報告/アベノポリシーの危うさ(320) | トップページ | 選挙が終わって自民が本質を露わに/アベノポリシーの危うさ(321) »

2017年11月24日 (金)

伊都国の位置論(続)/やまとの謎(119)

「伊都国=糸島半島」説が定説になっていることは、例えば福岡マラソンの以下のようなアピールからも窺える。
Photo_7
奴国から伊都国へ駆け抜ける!! 福岡マラソン

とはいえ、「伊都国=糸島半島」説には致命的な弱点がある。
「東南陸行五百里到伊都國」であって、伊都国はその前の末盧国から「東南」の方角のはずである。
末盧国を松浦半島唐津付近だとすれば(これにも高木彬光『邪馬台国の謎』のように異論はあるにしても、唐津は他の記述との整合性という点で不合理とは言えない)、糸島半島は、「東南」ではなく「(東)北東」と言うべきである。
Ws000000

定説は、誤差、誤記、誤認・・・としているが、伊都国の位置は重要である。
戦後間もなく、榎一雄氏により「放射説」が発表され、「魏志倭人伝」の読解に画期をもたらした。
榎一雄氏は、次の点に着目した。

伊都国までと、伊都国以降で記述のスタイルが異なる。
   伊都国以前 →方位、距離、国名
   伊都国以降 →方位、国名、距離又は日数
これは、伊都国以降の記述が、「伊都国を起点に、それぞれの国の方位等を個別に記述したもの、すなわち放射状に書かれていると解釈すべきである。

放射説によれば、邪馬台国は伊都国の南であるし、順次式に読んでも、大略南であるから、邪馬台国比定の上で伊都国をどう考えるかは重要である。Photo_9
第320回 邪馬台国の会  出雲神話と邪馬台国 『魏志倭人伝』を徹底的に読む

また、伊都国には、以下のような記述があって、伊都国自身が重要な国であったと思われる。
Photo_8
たーさんの部屋

伊都国のプロファイルを以下のように論考している論者もいる。
Ws000000_2
魏誌倭人伝の検証に基づく 邪馬台国の位置比定

このような位置づけを持つ伊都国については慎重に比定すべきではなかろうか。 

|

« 森友疑惑(56)会計検査院報告/アベノポリシーの危うさ(320) | トップページ | 選挙が終わって自民が本質を露わに/アベノポリシーの危うさ(321) »

やまとの謎」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/72253077

この記事へのトラックバック一覧です: 伊都国の位置論(続)/やまとの謎(119) :

« 森友疑惑(56)会計検査院報告/アベノポリシーの危うさ(320) | トップページ | 選挙が終わって自民が本質を露わに/アベノポリシーの危うさ(321) »