« 日本を代表するメーカーの不正(続)/技術論と文明論(81) | トップページ | 国会・ディベート・クリシン/アベノポリシーの危うさ(314) »

2017年10月30日 (月)

モリカケ疑惑の行方/アベノポリシーの危うさ(313)

安倍首相が解散総選挙の日程を考えるうえで、野党の状況などから、「今なら勝てる!」と判断したであろうことは、万人の認めるところであろう。
その判断は、選挙結果を見る限り当たったと言ってもいいだろう。
しかし、モリカケ疑惑の行方次第では、波乱含みである。
モリトモ疑惑の中核である土地売買における値引き額について、会計検査院が疑問を抱いていることが分かったのは、選挙直後の10月25日であった。
1710263
東京新聞10月26日

この疑惑解明の進捗度合いも、当然選挙日程を考えるうえで影響したであろう。
安倍首相は、「表面化しないうちに選挙を終わらせてしまうこと」を考えたに違いない。

解散した総選挙は、安倍首相の思う通りになった。
安倍体制が強化されたにか?
「モリカケ疑惑」の「丁寧な説明」が行われたことになったのか?
そう考えているとしたら、有権者は随分なめられたものだ。
果たしてどうなのか、やがて分かるだろう。

政権の広報紙に堕した産経新聞に、政策の私物化の様子を示す記録がある。
植草一秀氏のブログから引用する。

2015年9月19日に戦争法制=安保法制は強行制定された。8月30日の日曜日には国会議事堂を10万人以上の市民が包囲し、戦争法反対の示威行動を展開した。国会の緊迫度が頂点を迎えていた。そのさなかに、2015年9月4日(金)に安倍首相は平日昼間に大阪に出張した。
産経新聞は次のように伝えている。
安倍晋三首相は4日、大阪市を日帰りで訪問した。国会開会中の平日に首相が大阪入りするのは異例だが、首相には新党結成を目指す大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長との友好関係を強調する狙いがあった。自民党総裁選後の中長期の政権運営を見据えれば、政治思想が近い橋下氏の存在は欠かせないからだ。
大阪市を訪れた首相は地元の読売テレビのワイドショーに生出演し、安全保障関連法案の対案を出した維新をこう持ち上げた。
・・・・・・
9月4日(金)の安倍首相動静は以下のとおり。
【午前】8時18分、徒歩で公邸発。19分、官邸着。24分から40分、閣議。9時19分から44分、斎木昭隆外務事務次官。10時21分、官邸発。47分、羽田空港着。11時15分、全日空21便で同空港発。58分、伊丹空港着。
【午後】0時13分、同空港発。39分、大阪市中央区の読売テレビ着。1時30分から2時29分、番組収録。3時3分から45分、情報番組に出演。48分、同所発。4時7分、同市北区の海鮮料理店「かき鉄」着。故冬柴鉄三元国土交通相の次男、大さん、秘書官らと食事。5時5分、同所発。34分、伊丹空港着。6時8分、全日空36便で同空港発。57分、羽田空港着。7時18分、同空港発。43分、自民党本部着。44分から8時7分、谷垣禎一同党幹事長。8分、同党本部発。31分、東京・富ケ谷の私邸着。
Photo_2
徹底検証不可欠アベ友事案2015年9月3-5日動静

日本共産党の宮本岳志議員によれば、2015年9月4日午前10時から正午までの間、近畿財務局9階会議室で、森友学園の小学校建設工事を請け負った設計会社所長、建設会社所長が近畿財務局の統括管理官、大阪航空局調査係と会合を持っていた事実がある。
冬柴大氏はりそな銀行高槻支店次長を務めたのち、冬柴パートナーズ株式会社を設立しているが、同社の業務内容には、コンサルティング、助成金申請援助があり、森友学園はりそな銀行と業務提携を行っている。

なんとも薄汚れた縁故的利権共同体ではないか。
森友・加計は朝日新聞などが捏造した疑惑だとする人もいる。
安倍首相の丁寧な説明をよく聞いて、疑惑の行方をしかと見据えよう。

|

« 日本を代表するメーカーの不正(続)/技術論と文明論(81) | トップページ | 国会・ディベート・クリシン/アベノポリシーの危うさ(314) »

アベノポリシーの危うさ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/71742770

この記事へのトラックバック一覧です: モリカケ疑惑の行方/アベノポリシーの危うさ(313) :

« 日本を代表するメーカーの不正(続)/技術論と文明論(81) | トップページ | 国会・ディベート・クリシン/アベノポリシーの危うさ(314) »