« 日本を代表するメーカーの不正/技術論と文明論(80) | トップページ | モリカケ疑惑の行方/アベノポリシーの危うさ(313) »

2017年10月29日 (日)

日本を代表するメーカーの不正(続)/技術論と文明論(81)

総選挙が終わったら経団連の榊原会長は早速に、安倍首相に「痛みを伴う改革を」注文した。
しかし他人に注文する前に自ら顧みるべきではないのか。
経団連に属する企業は円安政策によって内部留保を積み上げているが、賃金は低レベルのままだ。
⇒2017年10月19日 (木):アベノミクスというイカサマ/日本の針路(346)

一方で、不祥事、スキャンダルは後を絶たない。
21710282
東京新聞10月28日

日産のみならずスバルも無資格者が、出荷前検査を行っていた。
2171028
東京新聞10月28日

悪意がなかったことは当然で悪意があったとすれば犯罪である。
経団連よ、目を覚ませ!
会社を支えているのは誰なのか?
彼(彼女)らに対して、十分に報いているのか?

|

« 日本を代表するメーカーの不正/技術論と文明論(80) | トップページ | モリカケ疑惑の行方/アベノポリシーの危うさ(313) »

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

技術論と文明論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/72079752

この記事へのトラックバック一覧です: 日本を代表するメーカーの不正(続)/技術論と文明論(81):

« 日本を代表するメーカーの不正/技術論と文明論(80) | トップページ | モリカケ疑惑の行方/アベノポリシーの危うさ(313) »