« 獄死した牧口常三郎と公明党・共謀罪/日本の針路(317) | トップページ | 共謀罪強行成立という極めて大きな汚点/アベノポリシーの危うさ(233) »

2017年6月14日 (水)

加計疑惑(19)唖然とする義家副大臣の暴言/アベノポリシーの危うさ(232)

義家弘介副大臣と言えば、ヤンキーが更正して熱血先生になったというイメージがあった。
しかし、加計疑惑に関する文科省の調査に関する発言を聞いていて、それは単なる伝説に過ぎないことがハッキリした。

あることがハッキリしている「総理の意向」文書について、文科省が「追加調査することになった。
⇒2017年5月25日 (木):加計疑惑(4)衝撃の前川前文科事務次官会見/アベノポリシーの危うさ(215)
⇒2017年6月 7日 (水):加計疑惑(14)送受信者が実在しても怪文書?/アベノポリシーの危うさ(227)
⇒2017年6月 8日 (木):加計疑惑(15)「あるもの」を「ないことにする」政権/アベノポリシーの危うさ(228)
⇒2017年6月10日 (土):加計疑惑(16)文書の有無も総理の意向を忖度?/アベノポリシーの危うさ(229)

その文書に関して、義家氏は自由党の森ゆう子氏の質問に対して、次のように答弁した。

Ws000001 自由党の森ゆうこ氏は、「文科省の文書再調査は(文書の存在をあると告発した)犯人捜しのためにやっているという話も出ている。今回告発した人は公益通報者にあたると思うが、権利を守る意識はあるか」と尋ねた。
 これに対し、義家氏は「文科省の現職職員が公益通報制度の対象になるには、告発の内容が具体的にどのような法令違反に該当するのか明らかにすることが必要だ」と説明。さらに森氏が「『(告発者を)守る』と言えないのか。勇気を持って告発した人たちの権利を守ると言って欲しい」と求めると、義家氏は「一般論」と断った上で、「告発内容が法令違反に該当しない場合、非公知の行政運営上のプロセスを上司の許可無く外部に流出されることは、国家公務員法(違反)になる可能性がある」と述べた。
 森氏は「残念な発言だ。この件に関して報復の動きがあったら許さない」と述べた。
加計問題の内部告発者、処分の可能性 義家副大臣が示唆

これが偶々の発言でないことは、再調査せざるを得なくなる前には次のように言っていたことでも分かる。

この文書をめぐっては、文科省の前川喜平・前事務次官は朝日新聞の取材に対し「自分が昨年秋に、担当の専門教育課から説明を受けた際、示された」と、存在を認める証言をしたが、政府・文科省は「(5月の)調査で存在を確認できなかった」とし、再調査をしない方針だ。
一方、民進党など野党側は、文科省の調査について「個人のパソコンを調べておらず不十分」「説明責任を果たしていない」と、再調査を要求。前川氏の証人喚問も求めている。
7日の衆院内閣委員会では、民進党の緒方林太郎氏が「(文書を)“確認できない“というのは、“ない”ということを確約する表現ではない」「共有フォルダに(文書が)なかっただけでは意味がない」と、再調査を要求した。
これに対し義家弘介・文科副大臣は、「通例であれば、出どころ不明の文書を一つ一つ確認することはない。違法や法廷調査が必要でないものについて、一つ一つ検討する必要なものではない」とした上で、「私が確認していない文書、副大臣が確認していない文書がどうして行政文書になるのか。私には理解できない」と発言した。
義家弘介・文科副大臣「私が確認していないものは行政文書じゃない」 加計問題めぐる再調査拒否

まったくヤンキーのまま、と言うか、ヤンキーには反権力という姿勢があるが、権力を笠に着ているとしか言いようがない。
さすがに斎藤美奈子さんは次のように指摘している。
170614
東京新聞6月14日

文科省は「イジメ問題」を主管する官庁である。
内部告発者を脅迫するようなものではないか。
こんな副大臣がいるようでは、100年経っても「イジメ」はなくならない。

|

« 獄死した牧口常三郎と公明党・共謀罪/日本の針路(317) | トップページ | 共謀罪強行成立という極めて大きな汚点/アベノポリシーの危うさ(233) »

アベノポリシーの危うさ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

コメント

http://www.gagprincess.com

投稿: Robertfally | 2017年6月15日 (木) 07時38分

 菅直人元首相が14日、自身のブログで「弱虫安倍総理」と題した投稿を行った。菅元首相は「安倍総理は加計問題で追及されることに怯えている。とにかく加計問題をこれ以上追及されるのが怖くて怖くてたまらないのだ。布団をかぶったまま国会を閉会にして逃げ切ろうとしている。あまりにも臆病で卑劣」とつづった。

 さらに「自分が親しい人に便宜を図って政治を私物化しておいて、追及の手が自分に迫ってくると、予算委員会での証人喚問などで追及の手が伸びるのを避けるために、共謀罪を強行採決してまで国会の閉会を急ぐのは異常だ」と記して「自民党ばかりか、公明党も一緒になって安倍総理個人の便宜供与疑惑をもみ消すために、国会のルールまで捻じ曲げるのは本当に異常だ。野党としてどこまで頑張れるか、そして国民がどこまでこのめちゃくちゃな与党の国会運営に反発するか。安倍総理は「国民はすぐ忘れる」と高をくくっているが、目の前には国政に影響の大きい都議選が待っている」と書いた。

投稿: | 2017年6月15日 (木) 22時04分

やっぱり菅首相は一刻も早く退陣すべきだ‼︎

投稿: | 2017年6月15日 (木) 22時05分

本当に精神異常?/やっぱり菅首相は、一刻も早く退陣すべきだ(6)

との整合性は?

投稿: | 2017年6月15日 (木) 22時09分

結局、時の政権(=権力者、勝ち組)にケチを付けたいだけの、中身のない自己顕示欲に満ちた、負け犬感情剥き出しのアホブログということなのよ。死ね。

投稿: | 2017年6月15日 (木) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/70860295

この記事へのトラックバック一覧です: 加計疑惑(19)唖然とする義家副大臣の暴言/アベノポリシーの危うさ(232):

« 獄死した牧口常三郎と公明党・共謀罪/日本の針路(317) | トップページ | 共謀罪強行成立という極めて大きな汚点/アベノポリシーの危うさ(233) »