« 森友疑惑(44)重要参考人・安倍昭惠/アベノポリシーの危うさ(181) | トップページ | 森友疑惑(45)女性切り捨て内閣/アベノポリシーの危うさ(182) »

2017年4月13日 (木)

原子力事業で破滅の危機の東芝(7)政官との癒着/ブランド・企業論(67)

東芝はどうなるのであろうか?
米国の子会社WHの破綻処理で今期赤字が1兆円を超え、債務超過に陥った。
2年連続で債務超過ならば上場廃止である。
虎の子の半導体事業を分離・売却して損失を穴埋めする計画であるが、2期連続債務超過を回避できるかは不透明だ。
21704063_2
静岡新聞4月6日

背後に、原子力ムラの事情があったのであろうが、福島原発事故以後も国策として原発を推進してきた自民党政府にも大きな責任があるだろう。
「週刊文春」4月13日号で、『東芝“原発大暴走”を後押しした安倍秘書官』という記事を掲載している。
その人の名は、今井尚哉。

今井秘書官の叔父の今井善衛は、城山三郎『官僚たちの夏』の主人公のモデルと言われ、通商産業省で事務次官を務めた。
また、同じく叔父の今井敬は、新日本製鐵の社長を経て経済団体連合会の会長を務めた。
そういうバックグラウンドもあってか、“影の首相”として権力を振るってきたことが知られている。
⇒2016年11月 7日 (月):「驕るお友達」は久しからず/日本の針路(307)

森友疑惑のキーパーソン・谷査恵子氏の上司である。
今井氏は資源エネルギー庁次長だった経歴からしても諸利権の網の目の中核である。
0042
「週刊文春」4月13日号

今井氏は、森友疑惑、加計疑惑等にも絡んでいるだろう。
⇒2017年3月27日 (月):森友疑惑(34)林査恵子氏および上司を国会へ/アベノポリシーの危うさ(169)
今後、隠されいた事実が暴かれていくと思われる。

|

« 森友疑惑(44)重要参考人・安倍昭惠/アベノポリシーの危うさ(181) | トップページ | 森友疑惑(45)女性切り捨て内閣/アベノポリシーの危うさ(182) »

ニュース」カテゴリの記事

ブランド・企業論」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/70195580

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力事業で破滅の危機の東芝(7)政官との癒着/ブランド・企業論(67):

« 森友疑惑(44)重要参考人・安倍昭惠/アベノポリシーの危うさ(181) | トップページ | 森友疑惑(45)女性切り捨て内閣/アベノポリシーの危うさ(182) »