« 森友疑惑(25)昭惠夫人の役割/アベノポリシーの危うさ(160) | トップページ | 森友疑惑(27)愛国者たちの実相/アベノポリシーの危うさ(162) »

2017年3月19日 (日)

森友疑惑(26)稲田防衛相は何を隠したかったのか/アベノポリシーの危うさ(161)

稲田防衛相は、南スーダンPKOの問題でも、実態を隠し続けた。
⇒2016年10月22日 (土):南スーダンの安全と危険/アベノポリシーの危うさ(102)
⇒2016年10月16日 (日):稲田防衛大臣の資質と適性/人間の理解(18)

南スーダンの実情は、稲田氏の答弁とは乖離していた。
1703163_2
東京新聞3月16日

しかし、森友学園問題がクローズアップされる中で、稲田氏の人間性が浮き彫りになってきている。
森友学園問題は、籠池理事長の人脈を無視しては起こり得ない疑獄であった。
Photo_2
籠池氏の人脈 保守系ズラリ 稲田防衛相、首相の妻昭恵氏、鴻池氏ら

そもそも稲田氏はどうして籠池氏と面識を得たのか。
稲田氏の実父・椿原泰夫氏の存在が徐々にクローズアップされてきている。
椿原氏は知る人ぞ知る、京都の名門校・洛北高校の校長まで務めた人であるが、関西の反日教組の中心人物であった。
昨年10月に亡くなっている。
Photo

籠池人脈というか日本会議人脈が、互いに攻撃し始めている。
まさに魑魅魍魎の世界ではなかろうか。

|

« 森友疑惑(25)昭惠夫人の役割/アベノポリシーの危うさ(160) | トップページ | 森友疑惑(27)愛国者たちの実相/アベノポリシーの危うさ(162) »

アベノポリシーの危うさ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/69942965

この記事へのトラックバック一覧です: 森友疑惑(26)稲田防衛相は何を隠したかったのか/アベノポリシーの危うさ(161):

« 森友疑惑(25)昭惠夫人の役割/アベノポリシーの危うさ(160) | トップページ | 森友疑惑(27)愛国者たちの実相/アベノポリシーの危うさ(162) »