« 森友疑惑(15)総理夫人という威力/アベノポリシーの危うさ(149) | トップページ | 森友疑惑(17)経緯の骨格/アベノポリシーの危うさ(152) »

2017年3月 8日 (水)

森友疑惑(16)問題の構図の再整理/アベノポリシーの危うさ(150)

森友学園問題にはさまざまな論点があって、議論が拡散しがちになる。
問題の構図を再整理しておこう。

1.特異な教育で知られる幼稚園がある。
⇒2017年2月24日 (金):森友疑惑(4)系列幼稚園と日本会議/アベノポリシーの危うさ(138)
⇒2017年3月 2日 (木):森友疑惑(10)幼稚園運動会の園児宣誓/アベノポリシーの危うさ(144)
2.経営者(理事長)は、国政に大きな影響力を持つ「日本会議」の有力メンバーである。
⇒2015年12月26日 (土):日本をダメにする日本会議という存在/日本の針路(268)
⇒2016年8月14日 (日):日本をダメにする日本会議という存在(2)/日本の針路(288)
3.その幼稚園を経営する学校法人が、新たに小学校を作ろうと計画した。
⇒2017年2月23日 (木):森友疑惑(3)小学校用地/アベノポリシーの危うさ(137)
4.校名は当初、「安倍晋三記念小学校」と称し、寄付金を集め、安倍昭恵首相夫人が名誉校長に就任する予定だった。学校用地は国有地の払い下げで取得したが、類例のない破格の好条件だった。
⇒2017年2月21日 (火):森友学園スキャンダル/アベノポリシーの危うさ(135)
5.そのスキームは、一般人には考えられないようなもので、官僚が関与していることを窺わせるが、官僚がボランティアで学園に協力するとは考えにくく、政治家からの圧力を感じさせる。
⇒2017年3月 4日 (土):森友疑惑(12)総理夫人は私人か公人か/アベノポリシーの危うさ(146)
1703042
東京新聞3月4日

表に見えている現象の概略は以上である。
安倍首相は、「妻が名誉校長だからと言って、官僚が忖度するワケがない」と声を荒げた。
⇒2017年3月 7日 (火):森友疑惑(15)総理夫人という威力/アベノポリシーの危うさ(149)
それなならば、官僚がボランティアでやったのか?
あり得ないだろうが、そうだとすれば一私人のための利益に協力したということになり、それはそれで大問題だ。
そうでないなら、誰が影響力を行使したか、明らかにすべきだろう。
鴻池元防災担当相も、「この問題については、野党がんばれ!」と言っているではないか!?
⇒2017年3月 3日 (金):森友疑惑(11)政界工作の一端/アベノポリシーの危うさ(145)

以下のような相関図がある。
Photo
社会学者の随想

この疑惑の核に位置するのは、安倍晋三夫妻である。
自民党よ、どうする?

|

« 森友疑惑(15)総理夫人という威力/アベノポリシーの危うさ(149) | トップページ | 森友疑惑(17)経緯の骨格/アベノポリシーの危うさ(152) »

アベノポリシーの危うさ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちゃんと新聞読んでる?(笑)

投稿: | 2017年3月 8日 (水) 22時51分

1〜4までは事実かもしれないけど、5は推測(想像)だよね。事実と推測は分けて発表しましょうって小学校の時教わらなかった?教わらなかったとしたら、あんたが受けた教育もロクなもんじゃないよね。森友の教育を論じる前に、自分が受けた教育の是非をまず問いましょう。

投稿: | 2017年3月 9日 (木) 18時32分

↑ブラボー(笑)

投稿: | 2017年3月 9日 (木) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/69838274

この記事へのトラックバック一覧です: 森友疑惑(16)問題の構図の再整理/アベノポリシーの危うさ(150):

« 森友疑惑(15)総理夫人という威力/アベノポリシーの危うさ(149) | トップページ | 森友疑惑(17)経緯の骨格/アベノポリシーの危うさ(152) »