« 森友疑惑(10)幼稚園運動会の園児宣誓/アベノポリシーの危うさ(144) | トップページ | 森友疑惑(12)総理夫人は私人か公人か/アベノポリシーの危うさ(146) »

2017年3月 3日 (金)

森友疑惑(11)政界工作の一端/アベノポリシーの危うさ(145)

森友学園の国有地払い下げ問題で、政界工作の一端が明るみに出た。
1日夜、自民党の鴻池祥肇元防災担当相が記者会見を開き、森友側からの陳情の一部始終を暴露したのだ。
鴻池事務所と森友学園とのやりとりが、かなり具体的に説明された。
1703032_2
東京新聞3月3日

森友学園側は、、“現金”ではなく、“商品券”だと弁明しているが、金券性は同じであり、賄賂とされるものである。
こういう弁明をするところに、森友学園や籠池氏の尋常ならざる感覚が表れている。
こんな籠池氏と、昭恵夫人は親しく接し、塚本幼稚園の名誉園長を引き受け、ついでに「安倍晋三記念小学校」改め「瑞穂の國小學院」の名誉校長を引き受けていたのだ。
辞任したからといって、就任していた事実は消えない。

共産党の小池晃氏に学園理事長との詳しい関係を質問されて、安倍首相が血相を変えて「妻は私人なんです。まるで犯罪者扱いするのは不愉快ですよ」と答えた。
しかし森友学園が依頼したのが、一私人としての安倍昭惠ではなく、総理夫人としての安倍昭恵であることは明らかである。
総理夫人は、言わばファーストレディである。21703023
東京新聞3月2日

「週刊新潮」3月9日号が、『森友学園「ドアホ理事長」と交わった「安倍昭恵」』という記事を載せている。
確かに籠池理事長は度し難い人物であり、余りに脇が甘かったと言われても仕方あるまい。
51703092

昭恵夫人は、今までの「家庭内野党」は仮面でしたと弁明するのだろうか?
そろそろ「私人」などと言い訳しないで、籠池氏共々国会で釈明して頂きたい。

|

« 森友疑惑(10)幼稚園運動会の園児宣誓/アベノポリシーの危うさ(144) | トップページ | 森友疑惑(12)総理夫人は私人か公人か/アベノポリシーの危うさ(146) »

アベノポリシーの危うさ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/69791145

この記事へのトラックバック一覧です: 森友疑惑(11)政界工作の一端/アベノポリシーの危うさ(145) :

« 森友疑惑(10)幼稚園運動会の園児宣誓/アベノポリシーの危うさ(144) | トップページ | 森友疑惑(12)総理夫人は私人か公人か/アベノポリシーの危うさ(146) »