« 誰のためのエネルギー政策か/技術論と文明論(78) | トップページ | 新劇の巨人・平幹二朗/追悼(98) »

2016年10月24日 (月)

AIをどう利・活用するか/知的生産の方法(162)

将棋の竜王戦で、予定されていた挑戦者が出場停止処分を受けて、挑戦者が急きょ代わるという異例の事態になった。
三浦弘之九段が、AIソフトを不正に利用したのではないか、という疑惑である。
Ws000000
日本将棋連盟

3日前に変更を言われた丸山忠久九段の困惑したようなコメントが、そりゃそうだろうなあ、という気にさせるが、連盟としてこのような処分を課すからには、心証としてはクロなのだろう。
週刊誌報道もそういう雰囲気である。
161027
週刊文春10月27日号

三浦九段といえば、第2回電王戦で、GPS将棋というソフトに敗れた現役棋士である。
⇒2013年5月 5日 (日):将棋ソフトの進歩と解説ソフトの可能性/知的生産の方法(52)
この体験が影響しているのであろうか。

もちろん、三浦九段は不正を否定している。
161019
東京新聞10月19日

不正が許されないことは当然であるが、冤罪はさらに許されるべきではない。
連盟として厳正な踏査を行い、オープンにすることを期待したい。

|

« 誰のためのエネルギー政策か/技術論と文明論(78) | トップページ | 新劇の巨人・平幹二朗/追悼(98) »

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

知的生産の方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/68076464

この記事へのトラックバック一覧です: AIをどう利・活用するか/知的生産の方法(162) :

« 誰のためのエネルギー政策か/技術論と文明論(78) | トップページ | 新劇の巨人・平幹二朗/追悼(98) »