« 国石・ヒスイの古代における流通/やまとの謎(115) | トップページ | GPIFの株式運用拡大の結果/アベノポリシーの危うさ(97) »

2016年9月29日 (木)

象徴の行為としての「国見」/天皇の歴史(8)

天皇、皇后両陛下が、岩手国体総合開会式などに出席するため、岩手県を訪問し、東日本大震災の被災地で復興状況を視察された。
震災後、初めて訪れた大槌町の「三陸花ホテルはまぎく(旧浪板観光ホテル)」では、出迎えた千代川茂社長に、天皇陛下が「頑張りましたね」とねぎらいの言葉を掛けられた。
このニュースに接し、天皇陛下の生前退位(譲位)へのお気持ちの表明の中の次の一節を思った。

私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行(おこな)って来たほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井(しせい)の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもって、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。

「象徴」という言葉はWikipediaでは次のように説明されている。

象徴(しょうちょう)とは、抽象的な概念を、より具体的な事物や形によって、表現すること、また、その表現に用いられたもの。一般に、英語 symbol(フランス語 symbole)の訳語であるが、翻訳語に共通する混乱がみられ、使用者によって、表象とも解釈されることもある。

  • ハトは平和の象徴である - 鳩という具体的な動物が、平和という観念を表現する。
  • 象徴天皇制 - 日本国憲法第1条では「天皇は日本国の象徴であり、日本国民統合の象徴である」と規定される。

例示されたように、天皇陛下が日本国憲法第1条を踏まえて発言されていることに意味があるのではなかろうか。

「日本国の象徴であり、日本国民統合の象徴である」とは、端的に言えば日本という国のアイデンティティということであろう。
それを皇国史観では「国体」と呼んだ。
そして、小堀桂一郎日本会議副会長は「生前退位は国体の破壊に繋がる」としたのである。
⇒2016年9月 5日 (月):「国体」とはどういうものか/天皇の歴史(4)

今上天皇は、「日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅」を「象徴的行為として、大切なものと感じて来ました」と言っておられるのだ。
これは古代において、「国見」と呼ばれた行為を連想させる。
デジタル大辞泉は「国見」を次のように解説している。

天皇や地方の長(おさ)が高い所に登って、国の地勢、景色や人民の生活状態を望み見ること。もと春の農耕儀礼で、1年の農事を始めるにあたって農耕に適した地を探し、秋の豊穣を予祝したもの。
「天の香具山登り立ち―をすれば」〈万・二〉

用例の歌は、『万葉集』冒頭の第二首の舒明天皇作と伝えられている歌である。

大和には群山あれどとりよろふ天の香具山登り立ち国見をすれば国原は煙立ち立つ海原はかまめ立ち立つうまし国そあきづ島大和の国は

小学館「日本古典文学全集萬葉集」は次のように訳している。

大和にはたくさんの山々があるが、特に頼もしい天の香具山に登り立って国見をすると、広い平野にはかまどの煙があちこちから立ち上がっている、広い水面にはかもめが盛んに飛び立っている。本当によい国だね(あきづ島)この大和の国は

Asuka208b

Photo_2
藤原京を歩く~藤原宮跡・香久山

香具山から見れば、いわゆる大和が一望できると思われる。
ただし藤原京は天武朝に計画され、持統朝に実現したと考えられている。
⇒2008年1月 2日 (水):藤原京の造営
したがって、舒明天皇が藤原京を眺めたということではない。

|

« 国石・ヒスイの古代における流通/やまとの謎(115) | トップページ | GPIFの株式運用拡大の結果/アベノポリシーの危うさ(97) »

ニュース」カテゴリの記事

天皇の歴史」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/67265166

この記事へのトラックバック一覧です: 象徴の行為としての「国見」/天皇の歴史(8):

« 国石・ヒスイの古代における流通/やまとの謎(115) | トップページ | GPIFの株式運用拡大の結果/アベノポリシーの危うさ(97) »