« 「争点隠し」に欺瞞されるな!/アベノポリシーの危うさ(87) | トップページ | 石油元売り再編と出光家の反旗/ブランド・企業論(54) »

2016年7月 7日 (木)

消えた年金の責任は誰に?/アベノポリシーの危うさ(88)

安倍首相は、消費税再延期の理由を説明するのに、「アベノミクスは順調だが、世界経済のリスクに備えるため」と説明した。
アベノミクスと称する経済政策が破綻していることは明らかで、苦し紛れの言い種であるが、リスクに対して慎重ならば、年金原資などの公的資金のリスク市場での運用を拡大しているのか?

7月1日にはGPIFが2015年度の決算で5兆数千億円の運用損失を計上することが明らかになった、と報じられている(公式発表は7月29日の予定)。

Gpif
GPIFの資金流出入状況をみると、リーマン・ショックが起きた2008年度にはネットで7兆円を上回る資金がGPIFに流入している。しかし、リーマン・ショックの翌年2009年度から流出に転じ、2014年度の資金流出額は約4.3兆円となっている。
つまり、リーマン・ショックの際は、リスク資産の下落に見舞われたが、GPIFに新規資金が流入していたため、リスク資産を安値で買い増すことが可能だった。
これに対して資金流出主体に転じている現在のGPIFは、相場状況に関係なく保有資産を売却し年金給付のための資金を確保しなければならない状況にある。
保有資産を売却して年金給付のための資金を確保する必要に迫られているGPIFは、たとえリスク資産が下落し安い価格になっても、保有資産を売却しなければならない。株価が下落するなかで必要な資金を確保するために保有資産を売却するということは、自らの行動がさらなる株価下落を招き、売却する資産の数を増やさなければならないという悪循環に陥ることになる。
・・・・・・
基本ポートフォリオが、国内債券35%(±10%)、外国債券15%(±4%)、国内株式25%(±9%)、外国株式25%(±4%)に変更されたのは2014年10月であり、GPIFが資金流出主体に転じたのは2009年度からである。
つまり、基本ポートフォリオの変更を検討する時点でGPIFは資金流出主体だったのだ。資金流出主体に転じたGPIFのポートフォリオを、株式への投資比率を増やすことでリスクを高めていくという方針は、「成熟度が低い年金はリスクを多めに、成熟度の高い年金はリスクを抑えめに」という年金運用の定石に反するものである。
資金流出主体がリスク資産への配分を増やせば、今回のようにリスク資産が急落する局面で、価格の下落を追いかける形で資産売却に追い込まれることは、「政治的不確実性」とは異なり、「運用上確実なこと」なのである。
GPIFが資金流出主体に転じていたことを考えれば、リスク資産を増やすという投資方針の変更を行うのであれば、もっと慎重な検討と議論が必要だったはずだ。
資金流出主体となっているGPIFは、株価が下落すればするほど必要な年金給付金を確保するために、売却資産の量を増やさなければならないし、それは若い世代の残す資産の量を減らしていくことだからである。
また、次世代に残す資産の量が減るということは、今後市場が落ち着きを見せて元の水準に戻っても、資産の金額は元に戻らないということである。量が減ってしまっているのだから。
日本の財政に関しては「次世代にツケを残すな」と叫ばれているが、公的年金の分野では「次世代にツケを残す運用」が平然と行われている。
巨大機関投資家GPIFは「危機的状況」にある

株高を演出するために勝手にリスク市場に投入された年金原資。
責任者は誰なのか?
将来に禍根を残す政策を取り続ける政権の罪は重い。

|

« 「争点隠し」に欺瞞されるな!/アベノポリシーの危うさ(87) | トップページ | 石油元売り再編と出光家の反旗/ブランド・企業論(54) »

アベノポリシーの危うさ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/66378258

この記事へのトラックバック一覧です: 消えた年金の責任は誰に?/アベノポリシーの危うさ(88):

« 「争点隠し」に欺瞞されるな!/アベノポリシーの危うさ(87) | トップページ | 石油元売り再編と出光家の反旗/ブランド・企業論(54) »