« 消費税率アップ先送りならば安倍辞任が筋/アベノポリシーの危うさ(45) | トップページ | 浜岡原発撤退の論理と倫理(3)/技術論と文明論(44) »

2016年4月 2日 (土)

虚構の経済政策の終焉/アベノポリシーの危うさ(46)

アベノミクスと称する経済政策とは何だったのか?
それが虚構・いかさまの類だったことは既に指摘した。
⇒2016年1月15日 (金):いかさま経済政策の破綻/アベノミクスの危うさ(67)
⇒2016年1月17日 (日):いかさま経済政策の破綻(続)/アベノミクスの危うさ(68)
⇒2016年1月18日 (月):いかさま経済政策の破綻(3)/アベノミクスの危うさ(69)

安倍首相が「経済の好循環」を強弁しても、実体経済が好転していないことは明らかである。
160402
東京新聞4月2日

唯一実質的な意味を持っていた金融緩和政策も、マイナス金利にしても大した効果がないことが明らかになりつつある。
日経平均株価の2年間の推移は以下のようである。
Ws000000

今年に入ってからの乱調ぶりが分かる。
中国経済などの外生的要因のせいにするつもりかも知れないが、アベノミクスというものの無内容の結果と認識すべきであろう。

さすがに官邸もこの状況では消費税率アップを行うと底が抜けると焦り始めたようである。
スティグリッツやクルーグマンなどのノーベル賞経済学者を招聘して、窮地を切り抜けようとしているが、経済学においてもアメリカ頼みというところが「らしい」と言うか、情けないところだ。
戦後レジームからの脱却と叫んでも、永続敗戦論に絡めとられているのは、安倍政権側である。

日銀の緩和政策の限界については、「東洋経済」4月2日号が詳しく解説している。
160402_2

|

« 消費税率アップ先送りならば安倍辞任が筋/アベノポリシーの危うさ(45) | トップページ | 浜岡原発撤退の論理と倫理(3)/技術論と文明論(44) »

アベノポリシーの危うさ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/64767736

この記事へのトラックバック一覧です: 虚構の経済政策の終焉/アベノポリシーの危うさ(46):

« 消費税率アップ先送りならば安倍辞任が筋/アベノポリシーの危うさ(45) | トップページ | 浜岡原発撤退の論理と倫理(3)/技術論と文明論(44) »