« 実質賃金はどうなっているのか?/アベノポリシーの危うさ(25) | トップページ | 背信の東京電力メルトダウン評価/原発事故の真相(137) »

2016年2月24日 (水)

GDPはマイナス成長だ/アベノポリシーの危うさ(26)

2015年10~12月期GDPは、前期比年率−1.4%で大方のとエコノミストの予想を下回る結果であった。
7~9月期の成長率は+1.3%であったから、2015年の後半において、日本経済は全く成長していないこととなる。
ある種の「成長の限界」を迎えていると考えるべきだろうが、安倍首相は9月24日の総裁選出後の記者会見で「アベノミクスは第2ステージに移る」と宣言し、経済成長の推進力として新たな「3本の矢」を発表した。
⇒2015年10月20日 (火):「新3本の矢」の意図するもの/アベノミクスの危うさ(56)

安倍政権は2015年10-12月期の経済成長率がマイナスに落ち込んだことを受け、「暖冬のせい」と言い訳をしている。
しかし本当に暖冬のせいなのか?

内閣府の国民経済計算では、家計最終消費支出の詳細が公表されます。各消費支出の中身を見ると(2015年10-12月期 左が対前期比、右が対前年比)、
Ws000000_2
と、耐久財と半耐久財が消費の減少を牽引したことが分かります。半耐久財とは衣服等なので、「暖冬のせい」はあるかも知れません。
とはいえ、自動車や家電といった耐久財も対前期比で3%を超す大きなマイナスになっているのです。
しかも、対前年比で見ると、耐久財の落ち込みの方が大きくなっています。日本の個人消費(民間最終消費支出)の落ち込みを牽引したのは、耐久財の消費減少なのです。
今年の冬は暖かいから、自動車を買うのはやめよう
などと思った国民は、一人もいないでしょう。
安倍政権「マイナス成長は暖冬のせい」の大ウソをデータで暴く=三橋貴明

日銀のマイナス金利という奇策も空振りのようだ。
Ws000001
東京新聞2月24日

一般国民の生活実態を知らないアベクロコンビでは、チグハグな政策になる蓋然性が高いということだろう。

|

« 実質賃金はどうなっているのか?/アベノポリシーの危うさ(25) | トップページ | 背信の東京電力メルトダウン評価/原発事故の真相(137) »

アベノポリシーの危うさ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

思考技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/64117706

この記事へのトラックバック一覧です: GDPはマイナス成長だ/アベノポリシーの危うさ(26):

« 実質賃金はどうなっているのか?/アベノポリシーの危うさ(25) | トップページ | 背信の東京電力メルトダウン評価/原発事故の真相(137) »