« 立憲政治に立ち返れ/アベノポリシーの危うさ(3) | トップページ | SMAP解散騒動/ブランド・企業論(48) »

2016年1月24日 (日)

琴奨菊の優勝で国技は復興するか?

大相撲初場所で東大関琴奨菊が初優勝した。
日本出身力士として2006年初場所の栃東(現玉ノ井親方)以来、10年ぶりの優勝である。
10年間、外国人出身の力士が優勝してきたわけで、国技というのが憚れると言えよう。
グローバル化と言えばそれまでであるが、やはり日本人力士が優勝から遠ざかっているのは寂しい。

 この10年間はモンゴル出身の朝青龍、白鵬、日馬富士、鶴竜やブルガリア出身の琴欧洲ら外国勢が優勝を占めてきた。日本国籍を取得したモンゴルの旭天鵬が12年夏場所で優勝しているが、日本出身の力士がようやく壁を打ち破った。
 大関在位26場所目となる今場所は前に出る相撲で白星を重ね、10日目から鶴竜、白鵬、日馬富士の3横綱を破った。
Photo_4
相撲、琴奨菊が初優勝

正直に言って、多くの人にとって、想定外の事態であろう。
しかし3横綱を連破しての優勝であるから、文句はない。
得意のがぶり寄りが迫力があった。

大関に在位していたのだから、地力はあったはずである。
大関昇進は、2011年11月場所だから長い。
先代の親方琴櫻傑將は、横綱昇進時の年齢(32歳2ヶ月)が「2場所連続優勝を原則とする」の規定が定められた年6場所制における最高齢で、「遅咲きの桜、ようやく満開」「姥桜の狂い咲き」などと呼ばれた。
師匠に倣い、琴奨菊のこれからの活躍に期待したい。
今場所の1敗は、子供時代からのライバルという豊ノ島相手だった。
これを機会に、日本人出身力士が覚醒して活躍するようになれば、大相撲人気も確かなものになるだろう。

|

« 立憲政治に立ち返れ/アベノポリシーの危うさ(3) | トップページ | SMAP解散騒動/ブランド・企業論(48) »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年は新年早々から株価の続落がありますが、原因は日本にとって不利になる要素も多かった中国の経済低下です。
日本出身力士優勝がなかった10年間は新興国の躍進期と重なりますが新興国のほころびと同時に日本出身力士に日が差してきたような気もしてなりません。だてにウィンブルドン現象という言葉はありませんね。
今年はサミットが御伊勢様の地で行われます。日本にマイナスになるような事案を呈した国は例外無く祟られると信じたいです。また五輪はものすごく治安の悪いリオデジャネイロですから結果的に"あの時東京にしておけばよかった"という結末もあり得ます。
琴奨菊優勝は日本が見直される始まりと思います。これまでは日本出身力士優勝ファーストランナーを期待されてプレッシャーで思うように頑張れなかった稀勢の里ももしかしたら本来の力を出せるようになると思います。

投稿: | 2016年1月26日 (火) 19時53分

コメントありがとうございます。

「琴奨菊優勝は日本が見直される始まり」となり、「稀勢の里も、本来の力を出せるようになる」といいですね。
しかし、「日本にマイナスになるような事案を呈した国は例外無く祟られる」と、伊勢の神様がそう考えるかどうか、疑問に感じます。

投稿: 夢幻亭 | 2016年1月27日 (水) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/63622368

この記事へのトラックバック一覧です: 琴奨菊の優勝で国技は復興するか?:

« 立憲政治に立ち返れ/アベノポリシーの危うさ(3) | トップページ | SMAP解散騒動/ブランド・企業論(48) »