« 東芝に何が起きているのか?/ブランド・企業論(35) | トップページ | 安倍首相が日本を破滅させる?/日本の針路(152) »

2015年5月14日 (木)

安保法制の閣議決定に反対する/日本の針路(151)

安倍内閣は今日、安全保障法制を構成する11法案を閣議決定した。
新たな恒久法案を除く10本の改正法案を一括して、「平和安全法制整備法」との名称で15日に国会に提出する。
11本の法律を2本にまとめて審議するやり方に、野党は「束ねずに、一本一本時間をかけて審議すべきだ」などと反発している。

国会の外でも反対の声は次第に高まっている。
Photo_2
東京新聞5月14日

私は、次の「憲法変えるのやだネット長野」に寄せられた泥憲和氏のメッセージに全面的に同意する。

みなさん、我が国の総理大臣が発する言葉が、ほとんど嘘であるという事実を、私たちはどのように考えればよいのでしょうか。
「TPPに参加しません」といえば、それはTPPに参加するということ。
「原発汚染水はコントロール下にある」といえば、それは制御できないということ。
「消費税増税をすべて社会保障に」といえば、びた一文国民のために使わないこと。
「日本を守るための集団的自衛権」といえば、それは日本と無関係の戦争に参加すること。
自衛隊が海外に出ても、憲法の禁じる武力行使をしないと安倍総理はいいます。
しかし何者かに攻撃されたら反撃できるといいます。
反撃するけれどそれは武力行使ではないというのです。
簡単にいえば、単なる撃ち合いと武力行使は異なるというのです。

    安倍総理の発する言葉の絶望的な軽さに、戦慄せざるを得ません。 

みなさん、戦争はペテンから始まります。
安部総理は国民に訴えています。
「北朝鮮からミサイルが飛んでくるかも知れない。中国が尖閣諸島を取りに来るかも知れない。世界はテロに脅かされている。我々に危険が迫っている」と。

ナチスドイツのヘルマン・ゲーリングがこう語りました。

    「もちろん、普通の人間は戦争を望まない。しかし、国民を戦争に参加させるのは、つねに簡単なことだ。国民には我々が攻撃されつつあると言い、平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、国を危険にさらしていると主張する以外には、何もする必要がない」
・・・・・・

私の身の回りにも、今の状況を憂えている人は決して少なくない。
しかしそれが大きな声にならないのだ。
政治の言葉を信用しなくなったとき、国家は崩壊するであろう。

|

« 東芝に何が起きているのか?/ブランド・企業論(35) | トップページ | 安倍首相が日本を破滅させる?/日本の針路(152) »

ニュース」カテゴリの記事

日本の針路」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395349/59994738

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法制の閣議決定に反対する/日本の針路(151):

« 東芝に何が起きているのか?/ブランド・企業論(35) | トップページ | 安倍首相が日本を破滅させる?/日本の針路(152) »